背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2007年11月05日

秋季高校野球中国大会 決勝

11月4日 広島市民

決勝
八頭(鳥取)
000101010 0=3
100020000 1x=4
下関商(山口)  (延長10回)

(八)平木−平井、徳長
(下)浜崎、島田−岡田

(下関商は29年ぶり2度目の優勝)

下関商29年ぶり優勝 劇的十回サヨナラ

 1点を争う接戦にも、下関商の佐々木大輔監督は「ベンチは勝てるという雰囲気でした」。持ち前の明るさにチームのモットーである「自主自立(自分で考え、行動する)」の精神を加味し、ナインは今大会3度目となるサヨナラ勝ちで優勝を手にした。

 サヨナラ適時打を放った和泉は「監督が楽しめと言うので緊張しない。みんな好機で迎える打席が好きです」と明かす。今大会は守備の位置取りで失点を防いだ場面もあった。「指示を出さなくても動けていた」。指揮官も成長を認める。

 伝統校にも苦しい時期があった。「就任した2000年には如水館(広島)に練習試合2戦で50点取られた」と佐々木監督。03年夏に山口大会で4強入りした後、県大会の上位常連校に復帰し、「うちでやりたいと言ってくれる生徒も増えてきた」と打ち明ける。鮮やかな勝利を重ね、佐々木監督は「不思議なチーム。何か持ってますね」と目を見張った。「今回は自信になった。全員で盛り上がっていけば甲子園でも勝てそうです」と和泉。この勢いを大舞台にも持ち込むつもりでいる。(森下敬)

http://www.chugoku-np.co.jp/Baseball/An07110502.html
(中国新聞)
posted by 高校野球 at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋季高校野球中国大会 準決勝

11月3日 広島市民

準決勝
興譲館(岡山)
001010000 000=2
020000000 001x=3
下関商(山口)  (延長12回)

(興)酒井−植木
(下)島田−岡田


八頭(鳥取)
002000000 2=4
000010001 0=2
華陵(山口) (延長10回)

(八)平木−平井、徳長
(華)宇野−森川
 本塁打:(華)宇野
posted by 高校野球 at 13:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

秋季高校野球 中国大会

10月28日 広島市民

準々決勝
鳥取西
001000000=1
00000030X=3
下関商(山口)


興譲館(岡山)
101100022=7
010100000=2
開星(島根)


共生(岡山)
001003001=5
330100000=7
華陵(山口)


米子松蔭(鳥取)
000000000=0
000500002x=7
八頭(鳥取)  (8回コールド)

posted by 高校野球 at 19:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

秋季高校野球 中国大会

10月27日 広島市民ほか

八頭、逆転サヨナラ勝ち 米子松蔭もベスト8

 来春のセンバツ出場を決める重要な参考資料となる第109回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)は27日、広島市の広島市民球場と広島県呉市の呉市営二河野球場で1回戦の残り4試合があり、開星(島根)、興譲館(岡山)、八頭(鳥取)、米子松蔭(同)の4校がベスト8進出を決めた。鳥取県勢は3校すべてが1回戦を突破した。28日は広島市民球場で準々決勝4試合が行われる。【牧正、矢追健介、宇多川はるか】

 ▽1回戦
如水館(広島)
  002000010=3
  001000102=4
八頭(鳥取)
 1点を競り合う接戦を八頭が逆転サヨナラで制した。八頭は1点を追う九回、2死から声高、壱村、武田の3連打で満塁とした。この好機に中谷が中前にはじき返し、声高に続いて壱村も還って逆転サヨナラ勝ちした。如水館は八回の2死二、三塁、九回の2死三塁の好機に追加点を奪えなかったのが最後に響いた。
 ◇集中集中で逆転打
 ○…1点を追う九回、2死無走者からの3連打で満塁と攻めた八頭。スタンドから「打ってー」という悲鳴に近い声援が飛ぶ中、左打席に立った中谷泰周選手(2年)は右手をまっすぐ伸ばしてバットの先端を見つめ、「『集中集中』と心の中でつぶやいて、自分の世界に入った」という。カウント0―1から「狙いを定めていた」という内角の直球を迷いなく振り抜くと打球は中前へ。白球を目で追いながら「落ちろ落ちろ」と声に出して叫ぶと、本当に落ちて安打となり、本塁を振り返ると2走者が還り、逆転サヨナラ勝ちとなっていた。気付くと涙がほおを伝う。「次も1点差で勝ちます」と闘志を見せる中谷選手を、徳永昌平監督は「チーム一、勝負強い打者だ」と称した。


米子松蔭(鳥取)
  000020020=4
  100000002=3
新庄(広島)
 米子松蔭が少ない好機を生かして粘り勝った。米子松蔭は1点先制されて迎えた五回、2死満塁の好機に小原の中前適時打で三塁走者の大森に続き二塁走者の大島が還り、逆転。さらに八回にも2死二、三塁から岡村が中前に適時打を放って2点を追加し、リードを広げた。新庄は九回、1死満塁から岡田達の適時打などで2点を返して1点差に迫る粘りをみせたが、あと一歩及ばなかった。
 ◇一番自信、直球勝負

 ○…3点リードで迎えた九回裏、自らのけん制悪送球で1点差に迫られ、なおも2死二、三塁のピンチを招いた米子松蔭・稲垣将大投手(2年)はマウンドで深呼吸をして、右手拳を胸にあてた。「心で野球をしろ。気持ちで負けるな」という朝西知徳監督の言葉を思い出していたという。さらに試合会場へ移動中のバスの中で「鳥取西も頑張った。鳥取勢もやればできるというところを見せよう」と熱弁を振るった監督の姿も脳裏に浮かんだ。一打逆転サヨナラ負けの重圧を跳ね返して最後の打者は、「一番自信がある」という直球をこん身の力を込めて投げ込み三振に切って取った。準々決勝の相手は同じ鳥取勢の八頭。「ちょっとやりにくいけれど全力で戦う」と意気込んだ。


開星(島根)
  301061002=13
  020111100=6
岡山理大付(岡山)
 (開)春木、山本―橋本
 (岡)大月将、高田、藤岡―母里
 ▽二塁打 高橋健、山本、高橋和(開)山口(岡)


松江東(島根)
  200101130=8
  102201021=9
興譲館(岡山)
 (松)津田―利見
 (興)酒井―植木
▽三塁打 利見(松)
▽二塁打 後藤、作野(松)酒井(興)

http://mainichi.jp/area/tottori/news/20071028ddlk31050299000c.html
(毎日新聞 鳥取 10月28日朝刊)
posted by 高校野球 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

秋季高校野球 中国大会

10月26日 広島市民ほか

1回戦
鳥取西
000004100=5
000000000=0
高陽東(広島)


総合技術(広島)
002100102=6
020000005X=7
下関商(山口)

4点差 四球で崩れる 九回二死から落とし穴…

 4点のリードを奪い、あとワンアウトを取れば勝利―。そこまでこぎつけながら、総合技術は痛恨の逆転負けを喫した。「あと一つ(のアウト)が大きい一つでした。甘くない」。小田浩監督の言葉に実感がこもった。

 九回表に2点を加え、点差を広げた。「選手も私も(勝ったという気持ちが)どこかに出たのか…」と監督。エース内大和は「変な余裕が出てしまった」と振り返った。

 今夏の広島大会準優勝のメンバーが6人残った。だが、九回裏に落とし穴があった。四球で走者をため、テキサス安打で点差を詰められ…。「経験がある分、流れの悪さを(敏感に)感じ取ってしまった」と監督。本来は大きな武器のはずの経験が、この日ばかりはあだとなった。

 「負けてはいけない試合だった。しばらく尾を引くかもしれない」。小田監督はショックの大きさを認めた。内は「この敗戦を生かしたい。冬場に妥協せず練習し、夏は絶対に甲子園へ行く」と前を向いた。(森下敬)

http://www.chugoku-np.co.jp/sports/Sp200710270139.html
(中国新聞)



松江南(島根)
000000000=0
00010000X=1
華陵(山口)


共生(岡山)
000100000=1
000000000=0
宇部商(山口)

宇部商打線は岡山共生の主戦・仲田に散発3安打に抑えられ完封負けした。

 宇部商は二、四回の好機を生かせず、九回も粘りを見せたが、及ばなかった。

 岡山共生は四回、安打の三宅が敵失などで三塁に進み、池上の内野安打で生還。この1点を守りきった。

http://mainichi.jp/area/yamaguchi/archive/news/2007/10/27/20071027ddlk35050244000c.html
毎日新聞山口版 2007年10月27日

posted by 高校野球 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

秋季高校野球 中国大会組み合わせ

秋季中国地区大会 組み合わせ決まる 県勢の4校に期待
◇広島市民、呉・二河両球場で26日開幕

 来春のセンバツ出場校選考の重要資料となる第109回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高野連主催)の組み合わせ抽選会が19日、岡山県倉敷市のマスカットスタジアムであった。開催県の広島から4校、岡山、鳥取、島根、山口から県大会を勝ち上がった各3校の計16校が出場し、26日から11月4日までの5日間、広島市民球場と呉市二河野球場で熱戦を展開する。開会式は26日午前9時から広島市民球場で。入場料は大人500円、中高生200円。小学生以下無料。【松井豊】

http://mainichi.jp/area/hiroshima/news/20071020ddlk34050331000c.html
毎日新聞 2007年10月20日

中国大会組み合わせ
posted by 高校野球 at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 中国大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。