背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2008年02月26日

マー君 先輩の貫録

完ぺき配球でマー君、初対決の中田斬り

【楽天7―6日本ハム】わずか5球の洗礼だった。楽天・田中将大投手(19)が24日、沖縄・名護で行われた日本ハム戦との練習試合に先発し、日本ハムのゴールデンルーキー・中田翔内野手(18)との注目の初対決は空振り三振斬り。最速149キロの内角直球でのけぞらせた後、スライダーでまともなスイングをさせなかった。これから何度も繰り広げられる新たな名勝負。まずは昨年の新人王がプロの厳しさを教えた。

 ガッツポーズも、雄叫びも必要なかった。バットが空を切るのを見た田中は、さも当然と言いたげに静かにマウンドをならした。2回、先頭で迎えた中田との注目対決は空振り三振の圧勝。マウンドを降りても先輩のプライドをのぞかせて、あえて淡々と振り返った。

 「周りが騒いでいたので意識はしましたし、きのうもホームランを打っていたので抑えたかった。打席での雰囲気はあると思いますよ。たまたま抑えられたけど、次もしっかり抑えられるようにしたい」

 ストライクは1球で十分だった。初球、外角低めへのカーブで見逃し。その後、直球を2球胸元に続けてのけぞらせた。1―2となったが、外角低めのスライダー2球で連続空振り。初球以外はすべてボール球で完全にほんろうした。「1人のバッターとしての攻め方は頭に入れてやった」。田中にとっては教科書通りの配球。それでも胸元への直球は今季最速の149キロをマークした。プロでは初めて対戦する年下の打者に打たれてたまるかという気持ちの証。2度目の対戦となった4回はストレートの四球となったが、強烈な“5球の洗礼”はかすむことはなかった。

 野村監督の中田対策も必要なかった。指揮官はバッテリーを組んだ井野に「マー君に恥をかかせるわけにはいかないから“こう攻めておけば100%大丈夫、三振を取れる”と」と試合前に対策を授けた。だが田中は2球目で2度、3球目で1度、サインに首を振って内角直球を選択。井野が「内証です」と言葉を濁したように、田中自身が考えた配球だったのは明らかだった。

 中田との対決を除いても、十分な今季初の対外試合登板の内容だった。初回、工藤、田中賢を連続三振に仕留めるなど4回3安打1失点で5奪三振。「真っすぐはいい感じでいっていた。順調だと思う」という右腕に野村監督も「本当にあんまり心配していない。おごるところもないしよ」と全幅の信頼を寄せた。

 昨年、注目され続けるプレッシャーをはね返し新人王を獲得。それだけに中田の苦悩も知っている。だからこそ会見では「中田君以外の質問はないですか?」と言った。話題性ではなくプレーで答えを出すのが野球選手。先輩としてのプライドと後輩への気遣いが込められた言葉だった。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2008/02/25/01.html
(スポニチ 2008年02月25日)

トラコミュ 野球ニュース

栄光のマウンド 早実VS駒大苫小牧

posted by 高校野球 at 13:48| Comment(0) | TrackBack(1) | マー君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月23日

マー君 対戦熱望

マーくん 中田にメ〜ラメラ

彩ちゃんにメロメロ、怪物対決にはメラメラだ。楽天・田中将大投手(19)が18日、札幌ドームでCM出演第1弾となる大塚製薬の「オロナミンC」の撮影に女優の上戸彩(22)とともに臨んだ。人気女優との2ショットに完全ノックアウトだった右腕だが話題のルーキー、日本ハム・中田翔内野手(18)には完封宣言。プロの先輩の意地を見せつけることを誓った。

 傍らには愛くるしい笑顔を浮かべる“彩ちゃん”。目尻が下がりっぱなしだった田中の視線が、そのときだけ戦闘モードになった。1歳年下の日本ハムの黄金ルーキー中田の話題に、穏やかな口ぶりながらもキッパリと言い切った。

 「高校時代に甲子園で1度、対戦しているので楽しみです。雑誌などでコメントを見ると、向こうも僕の名前をよく出しているので、対戦して抑えたいと思います」

 ともに“怪物”と称されていた高校時代。05年夏の甲子園準決勝、駒大苫小牧2年の田中は1年生ながらすでに投手、打者として注目された中田と対戦。3打席目で詰まった中前へのポテンヒットを許したが3打数1安打1三振に抑えた。自慢のスイングを許さず、ほぼ完勝しているだけに自信はある。3年ぶりの対決に向け、同じ高卒新人の先輩としてアドバイスを求められたが「僕が言うことじゃないと思う。とにかく2軍じゃなくて1軍で出て対戦できるように頑張ってほしいし、僕も頑張りたい」といつになく挑戦的だった。

 偶然のシチュエーションも田中の闘志に火をつけた。CMのセット設営の許可などで、この日の撮影現場が札幌ドームとなった。高校時代の3年間を過ごし、第2の故郷として愛する北海道への思い入れは強い。昨季、凱旋登板となった9月26日の日本ハム戦ではダルビッシュと投げ合い、完封ペースの9回1死から逆転サヨナラ負けを喫している。「あの試合は自分にとって大きかった。また投げる機会があれば最高のピッチングをしたい。大観衆の歓声もありましたから」。悲願のAクラスへ向けて、昨年リーグ覇者との対戦は大きな意味を持つ。地元のヒーロー、新人の中田を抑えて勝つことはエース格を担う田中にとっての義務でもある。

 田中は21日に仙台に戻り、キャンプへの最終準備に入る。「1年やってスタートの不安はなくなった。開幕からいけるようにキャンプでしっかり準備したい」。ひと回り大きくなった田中が、2年目の飛躍を誓った。

 ▼日本ハム・中田の話(田中が対戦を熱望していることに)昨年、新人王を獲られて自分とはレベルが違うと思いますがプロで早く対戦できるように合同自主トレ、キャンプで練習に励みたい。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/special/2007npb/eagles/KFullNormal20080119095.html
(スポニチ 2008年01月19日)
posted by 高校野球 at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | マー君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

マー君 新人王

新人王マーくん 来季はダル様覚悟!

喜びと責任感が混じった大人っぽい笑顔が浮かんだ。ドラフト制以降では86年の清原(西武)、99年の松坂(西武、現レッドソックス)以来3人目の高卒1年目での新人王。西武・岸に158票差をつけてのダントツ受賞に「一生に1度の凄い賞をいただけて、うれしい気持ちでいっぱい。票の差はびっくりだけど、1年間ケガなくローテーションを守り切ったのがよかったのかな」。11勝7敗で奪三振率はリーグトップの9・47。2リーグ制以降の高卒新人で歴代4位タイの196三振を積み上げた。「試合ごとの反省を次に生かすことを心がけた。勝ち星すべてにいいイメージがある」とシーズンを振り返った。

今季直接対決で2敗だったMVP男・ダルビッシュについて「来年、投げ合うことがあれば勝ちたい」とライバル心を向きだし。「自信はついたし、今年ももう少し勝てた。今年以上の数字は残したい」と来季の2年連続2ケタ勝利を誓った。 【上園】

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/11/21/04.html
(スポニチ)
posted by 高校野球 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(1) | マー君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

マー君 フォーム修正

マー君 08年型フォームに手応え

 楽天・田中が秋季キャンプで08年型フォーム修正に着手。「徐々によくなっているけど、まだばらつく。もっと練習していきたい」と進化への手応えを口にした。修正ポイントは2つある。

 (1)ワインドアップでの両腕の動き 振りかぶった両腕をゆっくり下ろすように修正。紀藤投手コーチは「上下動が少なくなり、リリースまでの体のブレが減る。リリースが安定すればスライダーも打者の手元で曲がる」と解説した。

 (2)クイックモーションのスピードアップ シーズン中、セットポジションで投球動作に入ってから捕手が捕球するまで平均1・3秒。秋季キャンプでの計測で1・18秒まで短縮した。「1・2秒を切れば十分」と紀藤投手コーチ。今季28盗塁を許した大きな課題もクリア目前だ。

 野村監督はこの日、秋季キャンプでその田中を中心に朝井、青山、永井が居並んだブルペンを見てニンマリ。「楽天の将来は明るい。期待が持てるな。四天王や。あとは岩隈が元気ならプレーオフ(クライマックスシリーズ)に出られる」と青写真を描いていた。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/11/11/09.html
(スポニチ)
posted by 高校野球 at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マー君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

マー君完投勝利 11勝目

11勝目でマー君 新人王確定的

楽天5―1日本ハム】マーくんが有終の美を飾った。楽天・田中将大投手(18)は3日、自身今季最終登板となる日本ハム戦で5安打1失点、13奪三振で完投勝利。11勝目を挙げてチームの単独4位を確定させるとともに、自身の新人王を確実とした。昨年ドラフトで入団したばかりの18歳右腕は、堂々とプロ1年目のシーズンを完走した。またこの日、パ・リーグは全球団の順位が確定した。

 今季最終登板。田中はお気に入りの黄色いグラブをポン、ポン、ポンと叩いて笑った。最後のマウンドで“三本締め”。今季3度目の完投勝利で11勝目。自己最多タイの13奪三振で花を添えた。

 「いい形でシーズンを締めくくりたかった。1年生で何もかも初めてのことでやってきた。いろいろな経験をして、毎試合いろいろな部分で成長できたと思います」

 2連敗していた日本ハム相手に快投。5連続を含む13三振の奪三振ショー。今季通算196奪三振、シーズン5度目の2ケタ奪三振は2リーグ制以降で“怪童”尾崎(東映)に並びそれぞれ歴代4位、2位だ。「尾崎さんは知らないので。でもイニング数より三振が多く取れたのはそれはそれでいい」。高卒新人史上最高の奪三振率9・47を18歳は笑い飛ばした。

 昨年9月25日、高校生ドラフトで4球団競合の末に楽天入り。昨年の主役はプロの世界に入っても主役であり続けた。28試合で11勝7敗、防御率3・82。唯一、ローテーションを守って球団の投手記録を次々と塗り替えた。野村監督は「神の子も自立しましたな。ピッチャーをするために生まれてきたんだ。このままいけば間違いなくエース」と賛辞を贈った。

 確定的な新人王に「獲れることを祈っています」と言った18歳はこう続けた。「自分にはまだ取り組んでいくことはある。来年はもっと成長できるようにしたい」。進化を止めるつもりはない。“気持ち”と刺しゅうしていたグラブは新調され“忍耐”の文字が加わっていた。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/10/04/08.html
(スポニチ)
posted by 高校野球 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | マー君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

田中 高卒新人、史上最速150奪三振

(パ・リーグ、楽天14−2西武、17回戦、西武11勝6敗、8月31日、フルスタ宮城)ついに2ケタ到達だ!! 楽天・田中将大投手(18)が8月31日の西武17回戦(フルスタ宮城)で7回2安打1失点、10奪三振の快投で今季10勝目を挙げた。高卒新人ではドラフト制導入以降、1999年の西武・松坂大輔(現レッドソックス)以来となる通算6人目の大記録。また、ドラフト制導入以降の高卒新人では1967年の阪神・江夏豊を抜き、史上最速の150奪三振に到達した。
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200709/bt2007090100.html
(サンスポ)
posted by 高校野球 at 11:37| Comment(0) | TrackBack(1) | マー君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

マー君 6回5失点も9勝目!

 (パ・リーグ、楽天7−5ソフトバンク、15回戦、楽天9勝6敗、3日、フルスタ宮城)楽天のルーキー田中将大投手(18)が、3日のソフトバンク戦(フルスタ宮城)で9勝目。前半に2本塁打を浴びるなど6回5失点の内容ながら、10奪三振の力投で白星を手に入れた。楽天投手の9勝は05年岩隈に並ぶ球団最多タイ。チーム初の2ケタ勝利に王手だ。

「5点目を取られて『情けない』という気持ちから、またスイッチが入りました」。四回無死、5点目を取られて以降は、9つのアウトのうち6つが三振。「狙えるところは狙いました」と、小久保からの3つを含む今季2度目の2ケタ奪三振をマークした。高卒新人によるシーズン2度目の2ケタ奪三振は99年松坂以来で、史上5人目。今季の奪三振数も122となり、高卒新人では堀内を抜いて単独5位に躍り出た。
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200708/bt2007080401.html
(サンスポ)
posted by 高校野球 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | マー君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月15日

マー君 プロ初完封

(交流戦、楽天4−0中日、3回戦、楽天2勝1敗、13日、フルスタ宮城)

楽天のスーパールーキー、田中将大投手(18、駒大苫小牧)が13日の中日戦(フルスタ宮城)で、プロ初完封で4勝目を挙げた。


どうしても最後は真っすぐで決めたかった。九回二死一、二塁から中村公を追い込むと、田中は藤井のサインに首を振り続けて直球また直球。四球で満塁として、井端にもカウント2−0から直球。大きく外れたところで観念して、フォークで空振り三振。プロ初完封は苦笑いで締めた。

 「アホウ!!」

 野村監督は鬼の形相。大目玉を食らった。右手で握手、左手で頭をはたかれた。だが師匠の顔がたちまちほころぶ。田中もすぐに満面の笑顔で、左翼スタンドへ一直線。バンザイをくり返して、喜びを爆発させた。

 「バカやっちゃったなあ、と思った。色気出して真っすぐでいって、怒られたので複雑です。でも終盤変化球が抜けていたから。間違ってたとは思いません」

 何度も捕手のサインに首を振って直球を投げ込んだ。六回二死三塁で迎えた森野への5球目に首を振って150キロ、さらに生涯最速の151キロを続けて空振り三振。それだけ直球に手応えを感じていたからだ。

 ブルペンでの投球数を増やし、走り込みも増やした。レッドソックスの松坂が、西武時代の調整に戻したように、田中も高校時代に近づけた。プロ入り後10キロ近く体重は増えたが、ようやく体のキレを取り戻した。150球を投げても、球威は落ちなかった。

 練習前のクラブハウス。野村監督は、ベルサーチのスーツのままバッテリーミーティングに飛び込んだ。「スキを見せるな。ムダに走者を進塁させるな」。熱弁1時間半。田中、青山ら若い投手陣の欠点をひとりずつ指摘した。「内容は言えない。でも伝わりました」。セの王者をねじ伏せて、4連敗でストップ。田中は大黒柱の働きで応えてみせた。

 「現代っ子だな。最後は150キロで三振、と夢描いたんやろ。まだ知らねえな。力任せはバカでもできる。速い球で三振を取りたきゃ、力を抜かなきゃ。随所に若さが出るけど、きょうは点を取られる気がせなんだ。安心して見ていた」

 これまで何度も「若さがない」と不満を漏らしていたスーパールーキーが見せた、一途で無鉄砲な姿。だから野村監督のほおも緩んだ。歴代5位に並ぶ記念の白星を、だれより期待する18歳の若武者がプレゼント。田中は確実に、エースの階段を上り始めた。
(加藤俊一郎)
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200706/bt2007061400.html
(サンスポ)
posted by 高校野球 at 11:31| Comment(0) | TrackBack(0) | マー君 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。