背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2007年08月21日

香田監督退任 正式発表

あなたのPCデスクトップに、「ABC 第89回全国高校野球選手権大会BB」の「録画中継」を配信中!(配信期間:〜2007/08/22まで)


駒大苫小牧 香田監督の退任正式発表
駒大苫小牧は20日、全国高校野球選手権大会で2連覇を達成するなど同校野球部を強豪に育てた香田誉士史監督(36)が退任すると正式に発表した。今後も野球部顧問として指導にあたる。後任監督には茂木雄介コーチが就任する。

会見で退任の理由について小玉校長は「心身共に疲れており、疲れを取ることを優先すべきだと考えた」と説明。香田監督は「全国、北海道の皆さまに支えていただき12年間野球の指導ができました。本当に感謝しています」とあいさつした。

同監督は駒大卒業後、佐賀商のコーチを経て95年に同校監督に就任。04年夏の甲子園で北海道勢として初の全国制覇。翌05年は57年ぶり6校目の夏連覇の快挙を成し遂げた。昨夏は準優勝。今夏は1回戦で敗れた。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2007/08/21/19.html
(スポニチ)
posted by 高校野球 at 07:13 | TrackBack(1) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

第89回甲子園大会 準決勝組み合わせ

準決勝
第14日 08/21(火)
第1試合 11:00
常葉学園菊川(静岡)−広陵(広島)


第2試合 13:30
佐賀北(佐賀)−長崎日大(長崎)
posted by 高校野球 at 17:05| 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 第13日 試合結果

あなたのPCデスクトップに、「ABC 第89回全国高校野球選手権大会BB」の「録画中継」を配信中!



2007/08/20(月)準々決勝
第1試合
長崎日大
201021100=7
100000000=1

楊志館

(長)浦口、小山−上戸
(楊)甲斐、小坂−荒巻


第2試合
大垣日大
001000000=1
00002004X=6

常葉菊川

(大)森田、吉田−箕浦
(菊)田中−石岡

本塁打:(菊)石岡1号2ラン(8回、森田)
posted by 高校野球 at 15:35| Comment(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国体出場校 決まる

日本高野連は19日、甲子園球場で国体選考委員会を開き、秋田国体の高校野球硬式の部(10月6〜9日、秋田県立ほか)に出場する12校と補欠2校を選んだ。

【出場校】
聖光学院(福島)
帝京(東京)
新潟明訓(新潟)

常葉学園菊川(静岡)
大垣日大(岐阜)
智弁学園(奈良)

広陵(広島)
今治西(愛媛)
佐賀北(佐賀)

長崎日大(長崎)
楊志館(大分)
金足農(秋田=開催地)

【補欠校】
文星芸大付(栃木)
前橋商(群馬)
posted by 高校野球 at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月19日

甲子園 第12日 試合結果

2007/08/19(日)準々決勝
第1試合
帝 京
010200000 0000=3
111000000 0001x=4

佐賀北   (延長13回)

(帝)高島、垣ケ原−鎌田
(佐)馬場、久保−市丸

本塁打:(佐)副島2号(3回、垣ケ原)


第2試合
広 陵
000220300=7
100000000=1

今治西

(広)野村、前田−小林
(今)熊代−潮
posted by 高校野球 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月18日

第89回甲子園大会 準々決勝組み合わせ

準々決勝
第12日 08/19(日)
第1試合 11:00
佐賀北(佐 賀) - 帝 京(東東京)

第2試合 13:30
今治西(愛 媛) - 広 陵(広 島)


第13日 08/20(月)
第1試合 11:00
長崎日大(長 崎) - 楊志館(大 分)

第2試合 13:30
常葉学園菊川(静 岡) - 大垣日大(岐 阜)
posted by 高校野球 at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 第11日 試合結果

2007/08/18(土)
第1試合
今治西
000002004=6
002000000=2

文星芸大付

(今)熊代−潮
(文)佐藤、菊地−赤川

本塁打:(今)熊代1号(9回、佐藤)


第2試合
帝 京
040011000=6
000000000=0

智弁学園

(帝)垣ケ原−鎌田
(智)内之倉、向阪、中井、阪口−土井


第3試合
新潟明訓
000003000=3
12310001X=8

大垣日大

(明)永井−川上
(大)森田、吉田、森田−箕浦


第4試合
広 陵
033000011=8
000000002=2

聖光学院

(広)野村、前田、森宗、上本健−小林
(聖)佐藤、鈴木健、仲田−宗方
posted by 高校野球 at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

甲子園 第10日 試合結果

2007/08/17(金)
第1試合
京都外大西
000002110=4
10002002X=5

長崎日大

(京)辻、安達、辻、白井、本田−田中
(長)浦口、小山、浦口−上戸


第2試合
開 星
001000200=3
00000600X=6

楊志館

(開)吉田−早戸
(楊)甲斐−荒巻


第3試合
日南学園
000030000 0=3
000000030 1X=4

常葉学園菊川  (延長10回)

(日)有馬、中崎−畑中
(菊)田中、戸狩−石岡

本塁打:(菊)伊藤1号3ラン(8回、有馬)


第4試合
前橋商
020000000=2
02110010X=5

佐賀北

(前)佐々木、樺沢−森沢
(佐)馬場、久保−市丸

本塁打
(前)佐々木1号2ラン(2回、馬場)
(佐)馬場1号2ラン(2回、佐々木)
posted by 高校野球 at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校野球の雨天コールドは不必要か

全国高等学校野球選手権の東東京大会準決勝は7回降雨コールドに。この判断に、不満のファンも多かったようですが、高校野球にコールドゲームは必要だと思う?

Yahoo!ニュース - 意識調査 -(実施期間:2007年7月31日〜2007年8月6日)

posted by 高校野球 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

甲子園 第9日 試合結果

[PR]ミズノ インナープロテクター 2EG90500
[PR]2007年新モデル!ミズノ 4Dテクノロジー 2GW18504:硬式

2007/08/16(木)
第1試合
佐賀北
000103410=9
001000000=1

宇治山田商

(佐)馬場、久保−市丸
(宇)中井、平生、中井−西田


第2試合
大垣日大
000041000=5
000000030=3

創 価

(大)森田−箕浦
(創)勘米良、馬場−小松


第3試合
広 陵
140330111=14
000020000=2

東福岡

(広)野村、森宗、前田−小林、岡田和
(東)水落、小原−飯田、船越


第4試合
青森山田
000001120=4
00004110X=6

聖光学院

(青)石井、中西−宮里、矢野
(聖)佐藤、鈴木健−宗方

本塁打:(聖)渡辺侑1号満塁(5回、石井)
posted by 高校野球 at 23:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

第1回大会のエピソード

相手の勝利を讃える
2007年08月06日

 いまでは全国高校野球選手権大会と呼ばれる大会は、1915年(大正4年)に全国中等学校優勝野球大会として始まったものであることはよく知られるところ。

 「大会期日は8月18日から5日間にしたい」との社告が出されたが、各地で代表を決めるところで問題が起こった。それまでは、各地において主催者を異にする大会がさまざまに行われていたからである。

 ともかくも、東北、東海、京津、関西、兵庫、山陽、山陰、四国、九州の9地区で予選が行われ、これに東京都下大会で優勝していた早稲田実業を加えた10校が参加している。早実以外の校名を記せば、秋田中学、山田中学、京都二中、和歌山中、神戸二中、鳥取中、広島中、高松中、久留米商である。

 この中で、とくにいろんな話題を提供しているのが東北代表の秋田中学だ。出発の時点ですでにひと悶着が発生している。選手がそろわなくなったからだ。

 「わざわざ金をかけて大阪まで遊びに行くとは何事か」と、ある部員の父親が反対したのである。渡辺主将がのちに述懐した言葉が、秋田高校の野球部史に残されている。

 「野球といえば球ころがし、といった程度の知識しかなかった時代だ。結局、左翼手と二塁手が出場出来なくなったので、学校内の野球の出来る学生を集め、急造選手に仕立てて秋田を出発した」

 駅頭での壮行会といっても人影はまばらだった。同級生たちまでが、「どうせ勝てるはずないから」といっていたらしい。

 秋田中は1回戦が不戦勝。2回戦で東海代表の山田中と対戦した。打線は8安打を放ち、守っては投手が12個の三振を奪って、9対1の大勝となった。

 準決勝の相手は優勝候補の早稲田実業だった。しかし、バッテリーを中心に堅実に守って相手には1点を与えるのみ。攻撃では5安打をうまく使って3対1で勝利を得た。

 京都二中との間で行われた決勝戦は、延長戦に突入する熱戦となった。1対1のまま13回裏まできて、先頭打者にセンターへの大飛球を許したが、これを野手が失策。このあと盗塁され、さらにもう一度の野手のエラーで1点を与えてしまいゲーム終了。

 見落としてならないのは、秋田選手たちが相手にエールを贈っていることだ。

 「健気にも床しきは秋田選手である。戦いにこそ敗れたれ、其の敗北は栄光の敗北である。13回の奮闘! 唯1点の差! 誰が栄光の敗北でないと言う者があろうか。しかも退却するに臨み、敵京都軍を祝福して『京都軍万歳!』と叫ぶに至っては、その優しく雄々しき心根に多くの人は泣いた」と記録にある。

 京都二中チームは秋田チームより先に母校へ帰ったが、同日夜、秋田中選手たちを乗せた列車が京都を通過するときには、代表者数名が駆けつけ、駅頭でこれを見送っているのも美しい。
http://www2.asahi.com/koshien/column/kyuon/TKY200708060004.html
(asahi.com、佐山和夫 青春の球音)
posted by 高校野球 at 16:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 第8日 試合結果

[PR]ミズノ インナープロテクター 2EG90500
[PR]2007年新モデル!ミズノ 4Dテクノロジー 2GW18504:硬式

第1試合
近 江
000000000=0
000001000=1

今治西

(近)橋本、小熊−堀、竹内
(今)熊代−潮


第2試合
仙台育英
000000002=2
00005000X=5

智弁学園

(仙)佐藤由−一丸翔
(智)内之倉、阪口−土井

五回に“悪癖”露呈 剛腕・佐藤由2回戦で涙

 怪物がマウンド上でもがいていた。仙台育英の佐藤由は五回だけで5安打を浴び5失点。今大会ナンバーワン右腕に、次の舞台のカーテンが開くことはなかった。

 懸念された立ち上がりを乗り切り、調子は上々だった。四回には155キロをマークし、「甲子園大会最速」記録を更新した。だが、1回戦で毎回の17三振を奪ったときとは、明らかに投球の内容が違った。決め球のボールになるスライダーをきっちり見極められて、投球数が多くなった。

 迎えた五回。四死球を重ねた後に、痛打を浴びる悪いときのパターンで失点。克服したはずの独り相撲になりがちな投球を露呈してしまった。「悪い癖が出た。気持ちだけが前に行ってしまい、投球のバランスが悪くなった」。エースは涙で言葉が続かなかった。

 試合前に、佐々木監督は危惧(きぐ)していた。「スピードは出ているが、本当の調子ではない。揺れながら、伸びてくるようなボールがない」。予感は的中することになったが、「打線が点を取れないことで、力みにつながった」とかばった。

 東北勢初の全国制覇を目指して乗り込んだ最後の夏。ハッピーエンドにはならなかった。それでもエースは「楽しく投げられた。全力でプレーできたので悔いはない」と前を向く。終盤まで150キロ台の直球を投げ続ける驚異的な剛腕。鮮烈な印象を高校野球史に刻み、佐藤由は静かに主役の座を降りた。
http://www.sanspo.com/sokuho/070815/sokuho034.html
(サンスポ)


第3試合
帝 京
006001200=9
200000000=2

神村学園

(帝)高島−鎌田
(神)盛、袴田−鶴田、対知

本塁打:(神)鶴田1号2ラン(1回、高島)


第4試合
新潟明訓
000100000 001=2
100000000 000=1

甲府商   (延長12回)

(明)関、竹田、永井−川上
(甲)米田−遠藤

本塁打:(明)長橋1号(4回、米田)
posted by 高校野球 at 16:20| Comment(0) | TrackBack(1) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

甲子園 第7日 試合結果

第2試合
前橋商
000010010=2
000010000=1

浦和学院

(前)佐々木−森沢
(浦)赤坂、鎌田、赤坂−阿部


第3試合
佐賀北
200001100 000000=4
000040000 000000=4

宇治山田商  (延長15回引き分け再試合)

(佐)馬場、久保−市丸
(宇)平生、中井−西田

夏の甲子園大会での引き分け再試合は、昨年の決勝で駒大苫小牧(南北海道)―早実(西東京)が1―1で引き分けて以来、大会史上5度目。春の選抜大会では3度の引き分け再試合がある。


第4試合
興 南
100000001=2
10001102X=5

文星芸大付

(興)石川、当山、幸喜−宮里
(文)佐藤−赤川

本塁打:(文)荒井1号(5回、石川)
posted by 高校野球 at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 第7日 試合結果

第1試合
日南学園
000020000 34=9
100100000 31=6

桐光学園   (延長11回)

(日)有馬、中崎−畑中
(桐)立木、丸山−山野周

本塁打:(日)中本1号(11回、丸山)
posted by 高校野球 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 第8、9日 日程

野球 第8日 8月15日(水)
2回戦
第1試合 08:30 近江−今治西
第2試合 11:00 仙台育英−智弁学園
第3試合 13:30 帝京−神村学園
第4試合 16:00 甲府商−新潟明訓

野球 第9日 8月16日(木)
2回戦
第1試合 08:30 宇治山田商−佐賀北
第2試合 11:00 創価−大垣日大
第3試合 13:30 東福岡−広陵
第4試合 16:00 青森山田−聖光学院
posted by 高校野球 at 10:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

高野連ってなに?

日本高野連が読売新聞記事に訂正と謝罪求める 読売側は拒否

 日本高野連は13日、読売新聞の報道内容について、2度にわたり記事の訂正と謝罪を求めたと発表した。

 問題としたのは2日付朝刊の企画連載記事の「高野連ってなに?」の一部で「選手強化、野球のレベルアップに何もしない高野連」と記述した。

 日本高野連はプロ野球の現役選手によるシンポジウムやスポーツ障害予防の啓発活動、中学・少年野球振興などの活動を例に挙げて反論。脇村春夫会長は「高野連が各種の振興策を推進してきた事実を知っていただき、名誉回復のために訂正を求めている」とした。

 これに対し読売新聞東京本社広報部は「問題とされた記述は、高野連の活動が十分ではないという趣旨の論評であり、訂正の必要はないと考える」とコメントした。

http://www.sanspo.com/sokuho/070813/sokuho042.html
(サンスポ)
posted by 高校野球 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 第6日 試合結果

第3試合
高 知
001000210=4
04000020X=6

楊志館

(高)国尾−矢野
(楊)甲斐−荒巻

優勝候補また…高知 夏も初戦敗退
春の雪辱をかけた舞台で、高知がまたも暗転した。優勝候補の一角と挙げられながら初戦で関西(岡山)に逆転で敗れて4カ月半。チームは大きな“戦力”を得て戻ってきたはずだった。

 センバツ発表後に、練習に身の入らない下級生に手を上げて高野連に報告後に甲子園メンバーから外れた山本真弥矢(3年)が、本来の「3番」に座った。「これでウチの形になった」と岡本部長の期待も高まっていた。

 だが、打線がエンジン全開する前にエース国尾健人(3年)が捕まった。高知大会でわずか2失点(5試合=35イニング)の技巧派右腕は「調子が悪い感じはしなかった」と振り返った。

 しかし、実際には持ち前の制球力、切れがなく、二回、満塁走者一掃の三塁打など計4失点。「縦に落とすスライダーが落ちなかった」と先制された右中間三塁打を悔いた。エースは1点差とした七回にも、決定的な追加点を献上した。

 センバツに次ぐ初戦黒星。「楽しんで投げたいのに、重圧を感じる。テンポが崩れた。勝つことの難しさを学んだ」と国尾はため息。後手に回った打線も、三回が大菊、七回に植木、八回は森田が追撃打を放つが、11安打放ちながらあと1本がつながらなかった。けん引役の1番・大菊は「力のなさです」というほかなかった。

 「ウチの力は出せた。悔しいが、勝つのは難しい」と島田監督は話すとともに「春夏連続で来られたのはすごいこと」と選手を称えた。春夏の全国制覇を知るチームでも、“遺産”を継承する道は険しいというほかない。
http://www.daily.co.jp/hsbaseball/2007/08/14/0000538189.shtml
(デイリー)


第4試合
常葉学園菊川
300300132=12
000000022=4

日大山形

(菊)田中、野島−石岡
(山)阿部−斎藤

本塁打:
(菊)長谷川1号3ラン(1回、阿部)、2号3ラン(8回、阿部)

◆“日本一”体感今後に生かす
ただ負けたわけじゃない。センバツ優勝校のパワーに圧倒された日大山形ナインだが、これからの野球人生での大きなヒントも、この日得た。
まざまざと見せつけられた力の差。前進守備を敷かれた中、内野ゴロでも迷いなくスタートを切る常葉菊川の三塁走者。常に次の塁を狙う姿勢。二遊間中心のセンターラインも、難しい打球を難なく処理していた。
捕手の斎藤潤也(3年)は「スピード感が違った。センバツの優勝校はすごかった」。昨夏からレギュラーの二塁手・平五陸(2年)も「ああいう選手たちがいるなんて。(常葉菊川は)野球選手として良い先輩たち。今後の励みです」身をもって「日本一」の実力を体感したナイン。悔しさのスパイスとともに、今後の野球人生の糧にする。
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20070814-OHT1T00109.htm
(スポーツ報知)

posted by 高校野球 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 第6日 試合結果

第2試合
開 星
010000011=3
000001000=1

徳島商

(開)吉田−早戸
(徳)稲岡、中野−土井


夏のTシャツはハニカムメッシュが最高
posted by 高校野球 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甲子園 第6日 試合結果

第1試合
京都外大西
000000000 122=5
000000000 120=3

常総学院       (延長12回)

(京)白井、本田−田中
(常)清原−飯田

延長12回1死二、三塁、京都外大西の田中が三塁・宇津木を強襲する決勝打を放つ。

京都外大西、史上初延長3イニング連続得点で常総撃破
◆第89回全国高校野球選手権大会2回戦 常総学院3―5京都外大西(13日・甲子園) 京都外大西(京都)が春夏通じて史上初となる延長戦で3イニング連続得点し、常総学院(茨城)との一進一退の死闘を制した。

 苦しんだ分だけ、喜びは大きかった。2点リードの延長12回、2死一塁。リリーフエース・本田拓人は、最後の打者を二ゴロに打ち取ると、両手を天高く突き上げ、ガッツポーズ。京都外大西ナインも一斉にマウンドに駆け寄り、優勝したかのように盛り上がる。ガックリと肩を落とし、泣き崩れる常総学院ナイン。気まぐれな勝利の女神が用意したラストシーンは、あまりにも非情だった。

 両者無得点だった9回までとは一転、延長に入ったとたん、試合の流れが大きく揺れ動いた。10回に待望の先取点を挙げたが、すぐに追いつかれた。11回にも2点リードしたが、逃げ切れなかった。「悪いイメージが浮かんだけど、すぐに切り替えた」本田をリードしていた田中康雄は、脳裏に浮かぶ最悪のシーンを必死にかき消していた。

 12回、3度目の正直で決着がついた。田中の三塁内野安打と本田の中犠飛で2点を奪うと「体力は限界だったけど、死ぬ気で投げた」6イニング目に突入していた本田が、粘る常総学院を気力で振り切った。延長戦での3イニング連続得点は史上初。両校の意地と意地が、史上まれに見る死闘を演出した。

 激戦を制した上羽功晃監督(37)は「かんたんには勝てないとは思っていた」と神妙な面持ち。甲子園での勝利は2005年夏の準優勝以来。運を味方につけ、2年ぶりの快進撃を狙う。
http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20070814-OHT1T00071.htm
(スポーツ報知)
posted by 高校野球 at 12:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月12日

甲子園 第5日 試合結果

第1試合
青森山田
000001220=5
000000000=0

報徳学園

(青)石井−宮里
(報)近田、福島−糸井


第2試合
岩 国
200001004=7
12220211X=11

聖光学院

(国)高木、小泉−松井
(聖)鈴木健、仲田−宗方


第3試合
星 稜
001000000=1
00000210X=3

長崎日大

(星)高木、高橋−橋本
(長)浦口−上戸


青森山田・石井、気合の7Kで強豪・報徳学園撃破!
4年連続出場の青森山田(青森)は、石井裕大投手(3年)が報徳学園(兵庫)に8安打を浴びながらも5−0完封。兵庫・西宮市生まれの“エースで4番”が故郷に錦を飾った。

どんなもんだ!! 最後の打者を三振に取ると歓喜のジャンプだ。西宮市出身の石井が、青森から真夏の甲子園にがい旋。報徳学園・近田に見せつけるように、7奪三振で無四球完封ショーだ。

 「絶対、先制点はやれんと思ってました。(学年が)1コ下(の近田)には負けられんと、攻めの気持ちでいきました」

 一回からアクセル全開だった。低めに集めたスライダーとシンカーで内野ゴロを量産。四回まで1人の走者も許さなかった。五回の二死一、三塁のピンチも8番・近田を三飛に抑え無失点。スコアボードに0を並べた。

 打っても、1点リードの七回二死二、三塁で「何でもええから振ったろ」と、代わったばかりの福島の初球をたたき左前打。自ら貴重な2点タイムリーを放った。

 石井にとって近田は因縁の相手。高須中2年秋の新人大会で対戦し、近田にサヨナラ安打を打たれて敗れた。中学3年の12月に青森山田中に転校した石井にとって、初めて訪れたリベンジのチャンス。すでに開会式で近田を見つけ出し「絶対負けへんからな」と“宣戦布告”していた。

石井裕大(いしい・ゆうだい)
1989(平成元)年6月13日、兵庫・西宮市生まれ、18歳。高須西小2年の時「武庫川イーグルス」で投手として野球を始める。高須中では「甲子園シニア」に所属し、2年夏に全国大会出場。3年12月に青森山田中に転校。青森山田高では2年夏からベンチ入りし、2年秋からエース。1メートル77、70キロ。右投げ右打ち。家族は両親と姉、兄。
http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200708/bt2007081314.html
(サンスポ)

posted by 高校野球 at 17:14| Comment(0) | TrackBack(1) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。