背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2007年11月13日

明治神宮野球大会 高校野球第3日

第38回明治神宮野球大会 高校野球
11月13日(火)

準決勝
明義義塾(四国)
110002010=5
20040000X=6
常葉学園菊川(東海)

(明)栗野、常原―松村
(常)萩原―栩木、石川
 本塁打:(常)中川、酒井


準決勝
横浜(関東)
200000004=6
101001000=3
東北(東北)

(横)土屋―小田
(東)萩野―関口
 本塁打:(横)小川健、(東)宮下


決勝進出2校の関東地区、東海地区は、来春の選抜大会の神宮大会枠を与えられる。
posted by 高校野球 at 14:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

明治神宮野球大会 高校野球第2日

第38回明治神宮野球大会 高校野球
11月12日(月)
常葉学園菊川、2年連続準決勝進出

準々決勝
明豊(九州)
002200304=11
20105410X=13
明徳義塾(四国)              


準々決勝
駒大岩見沢(北海道)
1100130=6
0041431=13
東北(東北)   (7回コールド)


準々決勝
常葉学園菊川(東海)
000122002=7
001010010=3
東洋大姫路(近畿)

トラコミュ秋季高校野球
posted by 高校野球 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

明治神宮野球大会 高校野球第1日

第38回明治神宮野球大会 高校野球
11月11日(日)

準々決勝
横浜(関東)
2016500=14
0100010=2
関東一(東京)  (7回コールド)              
(横)土屋、近江―小田    
(関)松本、大木、押久保―中村

1回戦
長野日大(北信越)
200010020=5
10001105X=8
東北(東北)
(長)上村―石川
(東)萩野―関口
本塁打:(東)加藤

1回戦
明豊(九州)
31350002=14
00101040=6
下関商(中国)  (8回コールド)              
(明)今宮、野口、今宮―阿部 
(下)島田、浜崎、亀永―岡田
posted by 高校野球 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

明治神宮野球大会 高校野球展望

10日は雨のため高校の部、大学の部(3試合ずつ)ともに、11日へ順延


<明治神宮大会>高校は横浜と常葉菊川、大学は早大がVの軸

 第38回明治神宮大会が10日から4日間、神宮球場と同第2球場で行われる。高校の部には、全国10地区の秋季大会優勝校が出場。来春の選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)が第80回記念大会となるため、優勝校の地区に与えられてきた「神宮大会枠」が一つ増え、今大会は決勝進出2校の地区に割り当てられる。大学の部は、東京六大学、東都の秋季リーグ戦優勝校と、各地の連盟代表校による決定戦を勝ち上がった計10校が日本一をかけて争う。

  ◇高校の部 

 横浜(関東・神奈川)と常葉菊川(東海・静岡)を軸にした優勝争いが予想される。

 横浜は左のエース土屋と速球派右腕の田山を擁し、1年生の主砲・筒香を中心に打線のレベルも全国屈指。初戦で対戦する関東一(東京)は東京大会4試合で計49点を挙げた打撃のチームで、3番の広瀬らがバントや機動力で一気に畳みかける。

 2年連続の神宮大会となる常葉菊川は夏の甲子園で本塁打を放った伊藤ら強打者がそろい、左腕・戸狩も健在だ。常葉菊川と当たる東洋大姫路(近畿・兵庫)は右腕・佐藤の投球が注目される。近畿大会4試合で2試合完封。140キロ前後の速球に変化球を交え、完成度は高い。

 投打にバランスのとれた駒大岩見沢(北海道)や、左腕・萩野が安定感を誇る東北(東北・宮城)、南野(のうの)−松村のバッテリーを軸に手堅い野球を見せる明徳義塾(四国・高知)なども上位をうかがう。【滝口隆司】

(毎日新聞)
posted by 高校野球 at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

第38回明治神宮野球大会 高校野球

日程

10日(土)
1、東北(東北、宮城)−長野日大(北信越、長野)
  神宮球場 8:30

2、明豊(九州、大分)−下関商(中国、山口)
  神宮球場 11:00

3、横浜(関東、神奈川)−関東一(東京)
  神宮球場 13:30


11日(日)
4、常葉菊川(東海、静岡)−東洋大姫路(近畿、兵庫)
  神宮球場 8:30

5、駒大岩見沢(北海道)− 1の勝者
  神宮第2球場 9:00

6、明徳義塾(四国、高知)− 2の勝者
  神宮第2球場 11:30

 
12日(月)
 準決勝
7、 3の勝者−5の勝者 神宮球場 8:30

8、 4の勝者−6の勝者 神宮球場 11:00


13日(火)
9、決勝戦 神宮球場 10:30
posted by 高校野球 at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

練習なし ベンチ入りできない球児には残念

来夏は甲子園練習を行わない方向

 日本高野連は6日、55校が参加する第90回全国選手権記念大会(来年8月2日から17日間・甲子園)の大会前の甲子園練習を日程の都合上、行わない方向であることを明らかにした。

 同大会は北京五輪との日程重複を可能な限り避けるため、例年よりも前倒しして開幕する。代表校決定から全国大会までの日数が少ないため、従来の抽選会も行わず、各地方大会で代表校が決まり次第、順次抽選する方式で実施することが決まっていた。抽選方法の詳細は30日に発表される。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20071106027.html
(スポニチ)



posted by 高校野球 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

秋田わか杉国体 今治西が優勝

第62回国民体育大会
高校野球硬式

10月9日
準決勝 【秋田市八橋運動公園硬式野球場】
今治西 (愛媛)
033000020=8
010021010=5
佐賀北(佐賀)

(今) 水安、熊代−宇佐美、潮
(佐) 馬場、久保−市丸
◇三塁打 武内、笠原(以上今)江頭(佐)
◇二塁打 江頭、田中(以上佐)


準決勝 【秋田県立野球場(こまちスタジアム)】
広陵(広島)
201000200=5
300010000=4
常葉学園菊川(静岡)

(広) 野村−小林
(常) 戸狩、田中−石岡
◇本塁打 上本崇(広)
◇二塁打 土生(広)小林、相馬、浅原、石岡(以上常)


決勝 【秋田県立野球場(こまちスタジアム)】
広陵(広島)
000000001=1
100000001X=2
今治西(愛媛)

(今治西は26年ぶり2度目の優勝)

(広) 野林−小林
(今) 熊代、水安、熊代−潮、宇佐美、潮
◇二塁打 山下、福田(以上広)開(今)



posted by 高校野球 at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月08日

秋田わか杉国体 高校野球

第62回国民体育大会
高校野球硬式

10月7日
2回戦 【秋田県立野球場(こまちスタジアム)】
金足農 (秋田)
000000100=1
00000200X=2
佐賀北(佐賀)

(金) 高橋−武田、齊藤
(佐) 馬場、久保−市丸
◇三塁打 山田(金)


10月7日
2回戦 【秋田県立野球場(こまちスタジアム)】
今治西 (愛媛)
102000000=3
011000000=2
大垣日大(岐阜)

(今) 熊代−潮
(大) 平沼、森田−箕浦
◇本塁打 濱元(今)
◇二塁打 吉岡(大)


10月7日
2回戦 【秋田市八橋運動公園硬式野球場】
聖光学院 (福島)
000010000=1
41100221X=11
常葉学園菊川(静岡)

(聖) 渡辺恭、鈴木健、仲田−宗方
(常) 戸狩、野島、田中、山本−石岡、石川
◇本塁打 中島(常)
◇三塁打 遠藤(常)
◇二塁打 島津、菅野、渡辺侑(以上聖)相馬、浅原、石岡2(以上常)


10月7日
2回戦 【秋田市八橋運動公園硬式野球場】
広陵(広島)
203100023=11
300000300=6
長崎日大(長崎)

(広) 野村、上本健、前田、野村、野林−小林
(長) 浦口、小山、曲渕、中村、浦口−上戸
◇本塁打 浦口(長)
◇三塁打 砂原(長)
◇二塁打 福田、山下、内土井(以上広)曲渕、浦口(以上長)
posted by 高校野球 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田わか杉国体 高校野球

第62回国民体育大会
高校野球硬式

10月6日
1回戦 【秋田県立野球場(こまちスタジアム)】
智弁学園 (奈良)
000022010=5
01432010X=11
今治西(愛媛)

(智) 内之倉、植村、中井、向阪、岸田−土井
(今) 熊代、水安−潮、宇佐美
◇本塁打 熊代(今)
◇三塁打 茂山(智)開(今)


1回戦 【秋田県立野球場(こまちスタジアム)】
帝京(東京)
000000000=0
00000020X=2
大垣日大(岐阜)

(帝) 垣ケ原、大田−鎌田
(大) 平沼、森田−箕浦
◇三塁打 大林(大)
◇二塁打 中村(帝)北上(大)


1回戦【秋田市八橋運動公園硬式野球場】
楊志館(大分)
000000200=2
00000600X=6
常葉学園菊川(静岡)

(楊) 安東、甲斐、小坂−荒巻
(常) 戸狩、山本、野島、田中−石岡
◇三塁打 浅原、小林(以上常)


1回戦【秋田市八橋運動公園硬式野球場】
新潟明訓(新潟)
000110100=3
000020101X=4
聖光学院(福島)

(新) 永井−川上
(聖) 仲田、鈴木健−宗方
◇二塁打 岩城(新)島津(聖)
posted by 高校野球 at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月03日

大阪桐蔭・中田翔は日本ハムが交渉権

中田は日本ハム、佐藤由はヤクルト、唐川はロッテ…高校生ドラフト

高校生を対象としたプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が3日、都内のホテルで行われ、高校通算87本塁打の大阪桐蔭・中田翔外野手(18)は阪神、オリックス、ソフトバンク、日本ハムの4球団による競合の末、抽選で日本ハムが交渉権を獲得した。

また、巨人など5球団が1巡目で指名した仙台育英・佐藤由規投手(17)の交渉権はヤクルトが、2球団が競合した成田・唐川侑己投手(18)はロッテが引き当てた。

2日にリーグ優勝を果たした巨人は、外れ1巡目で熊本工・藤村大介内野手(18)の交渉権を獲得した。

なお、西武は今春の裏金問題の制裁処分で上位2選手の指名権がはく奪されている。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/npb/news/20071003-OHT1T00157.htm
(スポーツ報知)
posted by 高校野球 at 14:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校生ドラフト

中田、佐藤由ら競合必至=3日に高校生ドラフト

 高校生を対象とするプロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が3日、東京都内で行われる。今年は昨年より3人多い106人がプロ志望届を提出。その中でも力の突出した3選手をめぐり、1巡目(入札抽選方式)の指名が重複しそうだ。
 注目は中田翔(大阪桐蔭)、佐藤由規(仙台育英)、唐川侑己(千葉・成田)の3選手。
 高校最多とされる通算87本塁打を放った中田は、阪神、オリックス、日本ハムが指名する方針。今夏の甲子園で155キロをマークした佐藤由は楽天や横浜、ヤクルト、巨人などから指名される見込み。5球団以上の競合となる可能性もある。将来性が高く評価される右腕の唐川には広島、ロッテの指名が予想される。
 入札抽選で外れた場合、昨年は下位球団から指名して順次決まったが、今年は1巡目で全球団の選択が確定するまで入札抽選を繰り返す。
 野手では大型遊撃手の高浜卓也(横浜)、長距離砲の丹羽将弥(岐阜城北)らが上位指名の有力候補。投手では選抜優勝の原動力となった田中健二朗(静岡・常葉菊川)や岩崎翔(千葉・市船橋)、植松優友(金光大阪)も上位に来そうだ。
 西武は裏金問題の制裁により上位2選手の指名権がない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071002-00000121-jij-spo
10月2日17時2分配信 時事通信
posted by 高校野球 at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

高野連 有期の謹慎処分を上申

創造学園大付などの処分を上申=高野連

 日本高校野球連盟は19日、大阪市内で審議委員会を開き、部内暴力が発覚した今春の選抜出場校、長野・創造学園大付について有期の対外試合禁止処分を日本学生野球協会審査室(27日開催)に上申することを決めた。
 同校では4月と8月の2度、上級生が下級生に暴力を振るい、それとは別にコーチが8月に部員に暴力を振るっていた。コーチについても有期の謹慎処分を上申する。同校は既に秋季大会の出場を辞退した。

この他、有期処分を上申する案件は次の通り。
【部員の不祥事】▽神奈川・菅(万引き)▽東京・田園調布(携帯電話の無断使用、いたずら電話)=2校はともに秋季大会出場を辞退

【指導者の不祥事】▽宮城・白石の部長(部内暴力)▽北海道・稚内大谷の監督(部内暴力)▽愛媛・今治南の監督(部内外暴力)▽岐阜・長良の監督、部長(部内暴力、部長は同席で制止せず)▽福岡・東海大五のコーチ(部内暴力)▽大分・三重総合の副部長(行き過ぎた指導)▽岩手・釜石北の部長、監督(プロアマ規定違反)▽愛媛・新居浜東のコーチ(中学生指導)▽福島・富岡の部長(部員の部内暴力の報告遅れ)▽愛媛・松山商の部長(部員の部内暴力の報告遅れ)。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000180-jij-spo
(9月19日20時1分配信 時事通信、yahoo) 
posted by 高校野球 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月18日

甲子園の“土”

甲子園、隠れた主役は“土”にあり
エキサイト

第89回、全国高等学校野球選手権大会も終わった。

熱闘繰り広げられる試合も気になるが、ずっと気になっていたのは、甲子園の“土”だ。
敗れた球児たちが土を持って帰るのは甲子園の恒例。しかしあれほど毎年土をお持ち帰りされてしまうと、そのうち地面が禿てしまわないかと不安になってしまう。

まずこの土だが、真っ黒に見えるものの、実は黒土と白砂のブレンド物だという。
黒土は国産もので、産地は補充のたび変わるそうだが現在は鹿児島産。
そして白砂は中国産。これは10年ほど前に中国福建省で購入したものを現在も使用しており、実は甲子園の土は「日中のハーフ」なのだった。

続きは、こちら↓
http://www.excite.co.jp/News/bit/00091188404013.html
(Excite Bit コネタ より)


[PR]クチコミで話題
プロ野球選手フィギュア特集@niftyショッピング
posted by 高校野球 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月15日

プロ志望届提出者は105人 

高野連:プロ志望届に105選手届け出 大阪桐蔭の中田ら

 日本高校野球連盟は15日、「プロ野球志望届」を締め切り、105選手(41都道府県)から届け出があったと発表した。10月3日に実施される日本プロ野球組織(NPB)の高校生ドラフト会議ではこの105人が対象となるが、独立リーグなどNPB以外のプロ野球との入団交渉やトライアウトの参加については、今後も志望届を受け付ける。

 高校通算87本塁打を放ち、打者としてのプロ挑戦を表明した大阪桐蔭の中田翔や、夏の甲子園で155キロの速球をマークして注目された仙台育英の佐藤由規、同じく本格派右腕として上位指名が有力視される成田の唐川侑己が志望届を提出。このほか、今春のセンバツで優勝投手となった常葉菊川の田中健二朗、帝京の大型右腕・大田阿斗里と主砲・中村晃、内野手として評価の高い横浜の高浜卓也、熊本工の藤村大介らもプロ指名を待つ。甲子園は未経験ながら福岡第一の台湾出身2選手も日本のプロを目指して志望届を出した。【滝口隆司】

http://www.mainichi-msn.co.jp/today/news/20070916k0000m050059000c.html
(毎日新聞 2007年9月15日)
posted by 高校野球 at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

第80回センバツ 21世紀枠は3校

センバツ:来春の第80回大会は36校出場 第1回運営委

 来春の第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の第1回運営委員会が12日、大阪市西区の中沢佐伯記念野球会館で開かれ、例年より4校多い36校が出場し、来年3月22日から13日間、阪神甲子園球場で行われることなどが決まった。同球場は今年10月から改修の第1期工事に入るため、第80回センバツが座席など内野エリアのリニューアル後の初の公式試合となる。

 36校のうち一般選考は30校で、内訳は北海道1、東北2、関東・東京6、東海・北信越5、近畿6、中国3、四国3、九州4。1校増となった東海・北信越は、東海2、北信越2を基本数に両地区を比較して残り1校を選ぶ。第76回大会(04年)以降、5校を選出してきた中国・四国は、第75回大会(03年)までと同じ中国3、四国3となる。

 1校増の3校となった21世紀枠は、全国を北海道・東北・関東・東京▽東海・北信越・近畿▽中国・四国・九州に3分割し、それぞれから1校ずつ選ぶ。21世紀枠特別選考委員は、主催者と第79回大会から加わったノンフィクション作家の佐山和夫、後藤正治両氏のほか、新たに少年野球を題材にした小説「バッテリー」などで知られる作家のあさのあつこ氏(52)が加わり、計15人となった。

 守備に関するデータを基に選出する希望枠は従来通り1。第75回大会から導入されたが、第80回大会が最後となる。秋の明治神宮大会優勝校の地区に1枠を振り分けてきた神宮大会枠は2枠となり、決勝に進んだ地区に割り当てられる。

 新たな取り組みとしては、公式記録員の育成を目的に、各都道府県高野連で公式記録を担当している高校生を招き、本社運動部員とともに公式記録員を務めてもらう。詳細は今後決める。また、開会式の入場行進では出場校の各校生徒代表がプラカードを持ち、自校の選手を先導する。各校が生徒会長など男女不問で学校を代表する生徒を選ぶ。これまでプラカードを持って出場校を先導してきた日本ボーイスカウト大阪連盟のメンバーは、国旗、大会旗の入場や式典補助を担当する。

 一般選考の選考委員は新たに斎藤章児(67)=元立教大監督▽和泉健守(63)=元奈良県高野連理事長▽吉川芳登(62)=日本高野連・東京六大学野球連盟審判技術顧問▽山下智茂(62)=元星稜高監督▽小川信幸(60)=元岐阜県高野連会長▽磯部史雄(59)=元日本石油監督の各氏が加わり、計55人の委嘱が承認された。【藤倉聡子】

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/ama/news/20070913k0000m050058000c.html
(毎日新聞 2007年9月12日)
posted by 高校野球 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

週刊ポストの記事は事実に反しているのか?

高野連:週刊ポストに抗議文

 日本高校野球連盟は12日、常任理事会を開き、同連盟と田名部和裕参事に関する週刊ポスト誌の報道内容について、同誌と発行元の小学館に対して抗議を申し入れる文書を送ることを決め、同日付で郵送した。

 日本高野連は、8月に「高野連のドンと妻『甲子園利権』の決定的証拠写真」「高野連『甲子園利権』を牛耳る『関大OB』たちの行状」などと報じられた一連の記事について、多くの事実に反する記述があり、連盟の名誉を著しく毀損(きそん)しているなどとしている。週刊ポスト誌は「正式な文書を見ていないのでコメントできない」としている。

 また、同連盟が所有する乗用車を田名部参事が私的に使っていると報じられたことについては、同連盟が認める深夜帰宅や業務のために使用しているもので保険やガソリン代を同連盟の経費とすることは問題ないとした。だが、一部私的な買い物に使用した事実が確認されたため、脇村春夫会長から田名部参事に口頭で注意することが決められた。

http://www.mainichi-msn.co.jp/sports/ama/news/20070913k0000m050091000c.html
(毎日新聞)

週刊ポスト [8月17、24日号]
週刊ポスト [8月10日号]
posted by 高校野球 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月11日

国体高校野球 組み合わせ

高野連:国体高校野球の組み合わせを発表

日本高校野球連盟は10日、10月に秋田県で開かれる国体高校野球競技の組み合わせを発表した。硬式の部は10月6日から4日間、秋田市のこまちスタジアム(秋田県立野球場)など2球場で行われ、夏の甲子園で初優勝した佐賀北は地元の金足農と対戦する。軟式の部は5日から4日間、能代市の能代球場で開催される。
(毎日新聞 2007年9月10日)

初戦の組み合わせ
2回戦 金足農(秋田)−佐賀北(佐賀)
1回戦 今治西(愛媛)−智弁学園(奈良)
1回戦 帝京(東京)−大垣日大(岐阜)

1回戦 常葉菊川(静岡)−楊志館(大分)
1回戦 聖光学院(福島)−新潟明訓(新潟)
2回戦 長崎日大(長崎)−広陵(広島)

佐賀北のブロック、広陵のブロック、それぞれ1回戦勝ち上がりが2回戦で対戦。2回戦の勝ち上がりで準決勝。
ラベル:国体高校野球
posted by 高校野球 at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

スピードよりも投球術

156キロの球速に潜む“落とし穴”
(スポーツ報知>コラム>網野)から


夏の甲子園は佐賀北が“がばい野球”で劇的優勝を飾った。大会中、同校の吉冨部長から「網野さん、ネットの記事読んでいますよ」とご挨拶いただいた。となれば佐賀北のことを書かねばならないのだが違う。別のテーマです。吉冨先生ゴメンなさい。

 今大会中の取材でイラっとした瞬間があった。156キロをマークした仙台育英・佐藤由規投手が智弁学園に敗れた2回戦後の取材だ。両チーム無得点の5回裏1死満塁、佐藤は145キロを智弁学園・佐藤龍司に右翼越えに二塁打された。2点を先制された直後の稲森翔大にも152キロを中前打されてさらに2点を失っている。この場面での仙台育英バッテリーのやりとりは直球勝負だった。その理由を質問された一丸翔巨捕手の返答に一瞬ムッとしたのだ。

 「この試合は156キロの球速も出ていた。これは“いける”と思いました」

 直球勝負の説明をする一丸に私は食い下がって聞いた。スライダーでかわす考えはなかったのか、と。すると

 「だから! ストレートでいけると思いました」

 しつこいなと思ったのか、痛いところをつかれたのか語気を荒げた答えが返ってきた。私も一瞬カチンときたが、後になってよくよく考えると捕手側の要求では変化球は頭になかったことになる。

 同じような場面が3回戦でもあった。常葉学園菊川と日南学園の一戦。3点リードの8回裏2死二、三塁で常葉学園菊川の代打・伊藤が同点3ランを打った場面だ。

 日南学園はこの伊藤に延長10回裏にサヨナラ打も打たれている。試合後、畑中翔捕手はプロテクターをつけたままガックリとうなだれていた。しばらくして重い口を開き、こういった。

 「有馬は調子良かった。変化球も考えたが一番自信のある球(ストレート)で勝負したほうがいいと思った」

 この試合、日南学園のエース有馬翔は2回に自己最速を2キロ更新する144キロをマーク。春の王者相手に7回を無失点と文句のつけようのない内容だった。そしてあの打席、日南学園バッテリーは8球全部ストレート勝負を挑んだが、伊藤は3度のファウルで徐々にタイミングを合わせていた。もし1球でも変化球を投げていたら果して日南学園はサヨナラ負けをしただろうか…。

 2人の捕手はともに直球勝負にこだわった。なぜか「こいつのストレートなら抑えられる」と確信していたからだろう。もちろん根拠に基づいた確証だ。変化球を投げていれば…、というのは結果論。2人の選択は否定できない。思い知らされたことは別にある。

 今大会の佐藤投手がそうであるように我々マスコミは球速が何キロ、MAXが、と投手を評価するときにあまりにも数字にこだわり過ぎているのではないかということだ。スピードボールを投げられることは素晴らしいのだが、評価のものさしが画一的すぎやしないだろうか。「ピッチャーってのはスピードガンコンテストをするんじゃないんだよ。オレが欲しいものは球のキレを測るスピードガンだね」あるスカウトもこう言っている。数字にばかり目がいってほかのことに注意がいっていない気がする。

 仙台育英・佐藤由規投手も、日南学園・有馬翔投手も自信のあるストレートを打たれた。最大の長所には必ず欠点が潜んでいるということをこの2例から痛感した。ならば逆のことも言えるのではないか。短所だと思っている中にも活用できる長所はある。

 優勝した佐賀北の先発・馬場将史投手は外野手で入学した163センチの小柄な選手。「身体能力が高いわけでもない。特徴は左投げということだけ」と吉冨部長。左投手不足から抜擢された普通の選手が快挙達成の原動力になった。もし馬場投手が身長180センチ以上ある運動能力の高い選手だとしたら彼の資質は見出されていただろうか。工夫次第で短所も長所にできるし、強豪にも勝てる。佐賀北が優勝はこういった真実も教えてくれたような気がする。

著者略歴  網野 大一郎(あみの だいいちろう)
1972年8月5日生まれ、静岡県出身。1997年報知新聞社入社後、運動第2部で相撲などを取材し出版部へ異動。出版部では高校野球と高校サッカーを中心に取材。静岡出身なので野球よりサッカーのルールを先に覚えた。
http://hochi.yomiuri.co.jp/column/amino/news/20070830-OHT1T00219.htm
(スポーツ報知)
posted by 高校野球 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(2) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

横浜・高浜卓也内野手 「プロ志望届」提出

横浜・高浜、宇治山田商・中井らが新たに「プロ志望届」提出
日本高野連は4日、新たに「プロ志望届」を提出した選手を同連盟ホームページで公表した。

昨春の選抜大会優勝に貢献した横浜(神奈川)の高浜卓也内野手、今春の選抜大会で4強に進んだ熊本工(熊本)の藤村大介内野手、今夏の全国選手権大会2回戦で優勝した佐賀北(佐賀)と引き分け再試合を演じた宇治山田商(三重)の中井大介投手らが提出した。

http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200709/bt2007090511.html
(サンスポ)
posted by 高校野球 at 09:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日米親善高校野球 第3戦

日本選抜が米国選抜に勝ち越し

◆日米親善高校野球第3戦 米西部選抜2―8日本選抜(3日・コンプトン) 日本高校選抜は最終戦の第3戦で逆転勝利を収め、2勝1敗と勝ち越した。3回から2番手登板した広陵のエース・野村祐輔(3年)が7イニングを3安打無失点に封じ、白星を呼び込んだ。

 悪夢の甲子園決勝から2週間。日の丸のユニホームに身を包んだ野村が、敵地での勝ち越しを呼び込んだ。3回からリリーフすると、スライダーを武器にメジャー予備軍を黙らせた。先発した前日(2日)に続き、計11イニングをゼロ封の快投。甲子園の決勝では8回、逆転満塁アーチを被弾し、悲劇のヒーローとなったが、自らの右腕で最後の夏を飾った。

 打っては1点を追う5回、高校通算60発の主砲・中村晃(帝京3年)が右翼線へ2点タイムリー二塁打で逆転。3試合で12打数8安打、6打点と大暴れした。日本代表ナインは7日に帰国する。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20070905-OHT1T00102.htm
(スポーツ報知)

第3戦
全日本
100034000=8
020000000=2

西アメリカ選抜チーム

佐藤祥(文星芸大付)、野村(広陵)−市丸(佐賀北)

3塁打:土生(広陵)、熊代(今治西)
2塁打:浦口(長崎日大)、中村(帝京)、熊代(今治西)
posted by 高校野球 at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。