背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2008年03月02日

【08選抜】 小松島高校 

「まず1勝目指す」 選抜高校野球出場の小松島、校内で壮行式

第80回選抜高校野球大会(3月22日から13日間・甲子園)に出場する小松島高野球部の壮行式が29日(2月)、同校体育館で行われ、全校生徒と教職員ら計約700人がナインを激励した。

 壇上に上がったベンチ入り18選手と石川茉美香マネジャーに対し、多田実校長が「甲子園出場は皆さんのたゆまぬ練習の成果です。実力を十二分に発揮してください」とあいさつ。在校生を代表し、生徒会副会長の田中早紀さん=2年=が「精いっぱい応援するので頑張ってください」と励ました。

 1、2年生全員が作った約3000羽の折り鶴が、生徒会書記の大久保はるなさん=2年=から井内学主将に手渡された。井内主将は「応援してくれる皆さんへの感謝の思いを胸に、まず1勝を目指します」と決意を述べた。

 壮行式に先立ち、甲子園の入場行進で掲げる選抜旗が、大会主催者から井内主将に授与された。小松島ナインは17日に甲子園に向け出発する。

http://www.topics.or.jp/index.html?m1=3&m2=16&bid=11641881401269&cid=120433780826&vm=1
(徳島新聞)
posted by 高校野球 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月27日

野球の原点 池田高校

トラコミュ 野球ニュース

野球再発見:第3部・原点/6 「やまびこ再び」 徳島・池田
 ◇独自筋トレ、常に挑戦

 徳島県西部の山あいで、26人の高校生が白球を追う。70〜80年代に全国優勝3回、準優勝2回。ずば抜けた飛距離、打球の速さで池田は高校球界に革命を起こした。他に先駆けて「金属バット時代」に順応したが、92年夏を最後に甲子園から遠ざかっている。今の部員にとって栄光の日々は「伝説であって、雲の上の出来事」という。

 池高野球部を40年間指揮した名物監督、蔦文也さんは01年4月、77歳で他界した。「山あいの町の子供たちに一度でいいから大海(甲子園)を見せてやりたかったんじゃ」。就任20年目の71年夏に甲子園初出場。校舎脇の碑文には、当時の思いが刻まれている。

 74年春、山本智久投手(51)を中心に部員11人で臨んだ初のセンバツで準優勝。「さわやかイレブン」と話題を集めた。82年夏、畠山準(元横浜)、水野雄仁(元巨人)を中心とした豪打で頂点に。翌年春には史上4校目の夏春連覇を成し遂げる。山に囲まれた校庭に打球音がこだまする練習風景を重ね合わせ、「やまびこ打線」と名付けられた。

 83年センバツ優勝時の主将、江上光治さん(42)は当時に思いをはせる。「アップ代わりにトス打撃。キャッチボールはしません。グラウンドを1周ランニングした後は、フリー打撃、ケース打撃、シート打撃。打って、打って、打ちまくる。守備練習はシートノックだけ」。81年秋からはレスリング経験のある教諭の指導で、独特な筋力トレーニングにも励み、ポパイのような肉体を身に着けた。

 90年代初め、高校野球は消音バットを採用する。「やまびこ」は過去のものとなった感もある。だが、江上さんの1学年下で、野球部を率いて10年になる矢川雅英監督(41)の脳裏にはパワー野球が焼き付いている。

 「池田が守りの野球じゃ納得できない。面白くないでしょ? やっぱり打ちまくるチームを作りたいですね」

 「やまびこ復活」を目指し、矢川監督は独自の練習方法を考案した。外角いっぱいの地面に置いた球に、ほうきの柄につけたロープの先を当てる。外角球を強く打つポイントを体得するためのメニューだ。大またで椅子に座りながらのロングティーでは、太ももの内側の筋肉を使う感覚を養う。宮健一郎主将(2年)は「打球の速さが変わった」と実感している。

 徳島県内の高校では矢川監督や前監督の岡田康志・穴吹高監督(46)ら蔦さんの教え子5人が指導する。毎年、蔦さんの命日の直前、5人は自チームを率いて池田へ集まる。1泊2日で総当たりの試合。第1ストライクの直球は積極的に打つ。常にチャレンジする野球には、池高野球の原点がにじむ。

 06年秋、池田は18年ぶりの四国大会出場を果たし、昨夏は9年ぶりに徳島大会4強。まだ小さいが、復活の足音は確実に聞こえている。【井沢真】=つづく

http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/high/news/20080225ddm035050086000c.html
(毎日新聞 2008年2月25日 東京朝刊)
posted by 高校野球 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

蔦監督七回忌 水野さん講演

蔦監督しのび800人、七回忌に集う 水野さんの基調講演も

県立池田高野球部を春夏3回の全国優勝に導いた故蔦文也監督(01年4月28日死去)の七回忌に合わせて24日、蔦さんをしのぶイベント「攻めダルマと過ごした青春」が三好市池田町の池田総合体育館で開かれた。エースとして活躍したプロ野球解説者・水野雄仁さん(42)の基調講演や野球部OBのトークショーがあり、会場に詰めかけた約800人が在りし日の名将の姿を思い起こした。
 水野さんは講演で、甲子園大会中の蔦さんの生活ぶりを「本当はだめなんだろうけど、いつもお酒を飲んでいた。楽しそうだったのを今でも思い出す」と懐かしみ、「一生追いつけないでしょうが、一生追い続けていくんじゃないかな」と、存在の大きさを語った。
 続いて、同校の黄金時代を築いた▽山本智久さん(51)=74年春準優勝▽橋川正人さん(46)=79年夏準優勝▽畠山準さん(43)=82年夏優勝▽水野さん=83年春優勝など▽江上光治さん(42)=同▽梶田茂生さん(39)=86年春優勝(春夏はいずれも甲子園での成績)=によるトークショー。「うまくさぼったつもりが見事にばれた」などのエピソードに会場は爆笑の渦。「失敗を恐れないことの大切さを教わった」などと振り返った。
 同市井川町西井川の高崎邦美さん(63)は「弱い時代、選手集めがうまくいかず、悔し涙をのまれていた姿を覚えています。OBも立派になり、蔦さんも喜んでいるのでは」と話していた。【深尾昭寛】

http://mainichi.jp/area/tokushima/news/20071125ddlk36040229000c.html
(毎日新聞 2007年11月25日)
posted by 高校野球 at 13:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月23日

秋季四国地区高校野球 徳島県

第60回県高校野球秋季大会
9月22日

2回戦
徳島北
102010000=4
000010000=1
徳島市立


富岡西
101001120=6
000100000=1



池田
013000310=8
100120010=5
穴吹



鳴門
4000010000=5
4010000001=6
小松島


新野
000000=0
001144=10
徳島商
 (六回コールド)


名西
000002010=3
01031030×=8
生光学園
posted by 高校野球 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

第89回 徳島大会 決勝

7月28日
決勝(鳴門オロナミンC)

城南
000010000−1
00000251X−8
徳島商

(徳島商は2年連続22回目)
posted by 高校野球 at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

第89回 徳島大会 準決勝

池田 15年ぶりの夢潰える

7月27日
準決勝

池田
0000000011=2
0000000102x=3
城南
(延長10回)


徳島商
0001010100004=7
1000200000000=3
生光学園
(延長13回)

posted by 高校野球 at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

第89回 徳島大会 準々決勝

池田、9年ぶり準決勝へ

7月25日
準々決勝
城南 5−4 徳島東工
徳島商 10−1 鳴門


7月24日
3回戦
鳴門 13−3 那賀

準々決勝
池田 12−8 阿波
生光学園 5−2 新野
posted by 高校野球 at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月24日

第89回 徳島大会 予選結果

7月23日
3回戦
城南 6−2 鳴門一
徳島商 4−0 川島
徳島東工 3−2 鳴門工

7月22日
3回戦
生光学園 9−0 城ノ内
阿波 10−4 徳島工
新野 6−4 阿波西

7月21日
2回戦
鳴門工 13―3 名西
鳴門 9―1 板野

3回戦
池田 3―1 城東
posted by 高校野球 at 08:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

第89回 徳島大会 予選結果

7月19日
2回戦
城南 2−1 小松島西
川島 2−1 小松島
徳島商 7−0 阿南高専
鳴門一 10−0 勝浦


7月18日
2回戦
阿波 10−9 徳島北
新野 10−3 城北
徳島東工 10−0 美馬商
那賀 3−2 阿南工
posted by 高校野球 at 09:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

第89回 徳島大会 予選結果

7月17日
2回戦
徳島工 8−7 徳島市立
阿波西 13−0 辻


7月16日
1回戦
名西 12−1 鴨島商
鳴門 1−0 海部

2回戦
城東 3−1 穴吹
池田 5−4 脇町
城ノ内 10−6 富岡西
生光学園 12−2 城西
posted by 高校野球 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

徳島大会

7月28日
決勝
徳島北000000003=3
徳島商14202000X=9
(徳島商は6年ぶり21回目)


7月27日
準決勝          
徳島北 8−5 小松島
徳島商 6−5 海 部(延長10回)


7月25日
準々決勝
徳島商 7−2 新野
徳島北 8−7 徳島東工 
海部 6−4 池田

7月24日
3回戦
池田 6−3 城ノ内
徳島北 10−3 城南

準々決勝
小松島 7−3 城東


7月23日
3回戦
徳島東工 2―1 鳴門一


7月22日
3回戦
新野 9−4 阿南工
城東 6−0 徳島市立 
海部 4−3 穴吹


7月18日
3回戦
徳島商 2−0 生光学園 
小松島 3−1 徳島工


7月17日
2回戦
海部 4−3 小松島西 
穴吹 13−1 勝浦
徳島東工 14−8 川島
城南 13−6 那賀
池田 5−3 阿波


7月16日
2回戦          
新野 10−6 阿波西
阿南工 6−5 板野
徳島市立 7−1 城北

徳島北 11−1 名西
鳴門一 8−0 辻  
城ノ内 5−4 脇町


7月15日
1回戦
池田 19−0 鴨島商

2回戦
徳島工 11−2 美馬商
城東 27−0 城西
徳島商 9−1 鳴門工
小松島 8−1 鳴門
生光学園 9−2 富岡西


7月14日
1回戦
那賀 13−6 阿南高専
posted by 高校野球 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。