背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2008年02月06日

高校野球論 少数精鋭智弁和歌山

80thセンバツ高校野球論・監督は語る:/4 少数精鋭主義

◇「人間、腐ったらアカン」−−智弁和歌山・高嶋仁さん(61) 

 ◆奈良・智弁学園の監督だった高嶋さんが智弁和歌山に転任してきたのは80年。開校3年目、野球部ができて2年目だった。今や全国屈指の強豪となり、今春で春夏合わせて23回目の甲子園。貫いてきた方針は、部員を「1学年10人」と限定する少数精鋭主義だ。

 赴任した時から部員は少なかった。学校の学業レベルが上がってきて、野球部に入っても厳しくてすぐにやめてしまう。1学年2〜3人の時期もあった。そこでスポーツコースを作ろうという話が持ち上がり、学園の理事長とも話し合った結果、「1学年10人」で甲子園を目指すことに決めた。その人数なら卒業後の進路でも力になってあげられる。

 補欠が多いとマイナス面も出てくる。他校の話を聞くと、ベンチに入れない上級生が、レギュラーの下級生をいじめることもあるという。よそなら主力になれそうな選手がベンチに入れない状況も少なくないと聞く。ウチは実力に関係なく3年生は全員ベンチに入れる。3年間頑張れば必ずベンチに入れるから、やめようとする者がいないのだと思う。

 ◆長崎・海星高で甲子園に出場し、日体大で主将も務めた。

 大学の時は500人ぐらい部員がいたが、大半が名前を登録しているだけ。主将として部員全員を把握するのは無理だった。奈良の智弁で監督をしている時も部員が70〜80人はいた。今は部員が少ないから、十分な練習ができる。たとえば、100人で6時間かかる練習が、20人なら2時間で済むとか。全員に目が行き届くし、先輩も後輩を大事にする。

 ◆智弁学園時代を含めた監督としての通算51勝は、PL学園・中村順司監督(現・名古屋商科大監督)の58勝に次ぐ歴代2位。しかし、少数精鋭型の強化には悩みもある。

 予備選手がいないから、1人で二つ、三つのポジションをこなすことになる。投手もエースだけに頼らない複数制でやっているが、エースを休ませる試合や継投は勇気がいる。

 ◆1学年10人のうち、県外出身は2人だけと決めている。

 和歌山県に誘致されて学校ができたこともあり、県知事から理事長に「野球部はできるだけ地元の選手でやってほしい。県外は学年1人か2人にとどめてほしい」という話があったという。私も地元から応援されるチームにしたい。ウチには寮もない。県外生は下宿したり、中には大阪から通学して来る選手もいる。

 ◆昨夏の甲子園は仙台育英に初戦で敗退し、試合に出られなかった3年生がいた。その選手に「すまなかった」と謝った。

 指導する上で大切にしているのは「人間、腐ったらアカン」ということ。ベンチにも入れないと考えると、選手は頑張らなくなる。代打でも代走でもいいから出してあげたかった。野球の技術も大事だが、社会に出た時に「野球をやっていたおかげで頑張れた」と思える人間に育ってほしいんです。【聞き手・滝口隆司】=つづく

http://mainichi.jp/senbatsu/kantoku/news/20080130ddm035050088000c.html
(毎日新聞 2008年1月30日 東京朝刊)


posted by 高校野球 at 11:33| Comment(0) | TrackBack(2) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月05日

下宿の4人に毎日夕食 食堂「みき乃や」

智弁和歌山 海南駅前食堂店主、料理で支える

◇下宿の4人に毎日の夕食作る−−15年前から

 センバツ出場が決まった智弁和歌山の4人の選手たちを、海南市名高のJR海南駅前で食堂「みき乃や」を経営する店主の中野喜実雄さん(49)が毎日夕食を作り、迎えてくれる。「甲子園に向けて体も心も大きくなってほしい」と、包丁を握る手にも一段と力がこもる。

 約15年前、常連客だった選手の保護者に「帰りの遅い生徒らに、ご飯を食べさせてやってほしい」と頼まれたのがきっかけ。現在は、芝田崇将投手(2年)▽林孝至投手(同)▽平野晃土捕手(1年)▽喜多健志郎外野手(同)が店に通っている。4人は自宅が遠方で通学が困難なため、学校の近くにアパートなどを借りている。午後9時半過ぎ練習が終わった後、店で食事をしている。

 肉類と野菜を中心にしたメニューは、栄養のバランスが良くボリュームもたっぷり。特に鍋料理の時は、ご飯を丼に3杯は軽く平らげるという。風邪など病気で選手らが寝込んだ時は、わざわざアパートまで食事や薬を届けてくれる。

 選手らの母親的存在の妻登紀さん(46)は「出場が決まってから、帰りが遅くなりましたね。体調に気をつけてほしい」と、気遣い優しく見守っている。
 店を手伝う長男真輔さん(24)と、パートの吉田マチエさん(60)も「センバツでしっかり力を出せるように、料理で選手たちを支えたい」と、活躍を願っている。【藤顕一郎】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080203-00000211-mailo-l30
(毎日新聞 2月3日朝刊)
posted by 高校野球 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

秋季近畿地区高校野球 和歌山県

9月17日
県1次予選(田辺市民球場ほか)
2回戦
橋本 2―0 和歌山高専
那賀 3―1 耐久
向陽 8―3 市和歌山商

県和歌山商 5―4 南部龍神
紀央館 8―6 箕島


[PR]クチコミで話題
プロ野球選手フィギュア特集@niftyショッピング
posted by 高校野球 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

県下高校野球新人戦 和歌山県

◇県下高校野球新人戦(2日・県営紀三井寺球場など)
▽準々決勝

智弁和歌山
100040004=9
000001000=1
県和歌山商


紀北工
000000051=6
100012012=7
貴志川


日高中津
202201201=10
012000001=4
箕島

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070903-00000174-mailo-l30
(毎日新聞 9月3日朝刊)
posted by 高校野球 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

第89回 和歌山大会 決勝

またやってくる 高嶋 仁王立ち

7月29日
決勝(和歌山市紀三井寺)

智弁和歌山
000001120=4
000100000=1
高野山

(智弁和歌山は3年連続15回目)
posted by 高校野球 at 16:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月28日

第89回 和歌山大会 準決勝

7月28日
準決勝

智弁和歌山
220000002=6
100000000=1
南部


市和歌山商
110000000=2
00004000X=4
高野山
posted by 高校野球 at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月26日

第89回 和歌山大会 準々決勝

7月26日
準々決勝
南部 7−3 日高中津
市和歌山商 15−0 田辺工

7月25日
準々決勝
智弁和歌山 6−2 箕島
高野山 8−6 近大新宮
posted by 高校野球 at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

第89回 和歌山大会 予選結果

7月24日
3回戦
田辺工 5−1 南部高竜神分校
市和歌山商 10−0 耐久

7月23日
3回戦
高野山 5−4 和歌山工
南部 5−1 桐蔭
日高高中津分校 1−0 伊都

7月22日
3回戦
智弁和歌山 8−1 向陽
箕島 6−3 初芝橋本
近大新宮 10−0 和歌山高専
posted by 高校野球 at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月22日

第89回 和歌山大会 予選結果

7月21日
2回戦
南部 4―1 熊野
田辺工 6―4 紀央館
日高高中津分校 4―1 県和歌山商


7月20日
2回戦
箕島 2―1 神島
和歌山高専 5―3 新宮
和歌山工 3―2 粉河
posted by 高校野球 at 11:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月20日

第89回 和歌山大会 予選結果

7月19日
2回戦
耐久 8−4 笠田
市和歌山商 8−1 田辺

智弁和歌山 10−0 貴志川
南部高竜神分校 6−0 大成


7月18日
2回戦
桐蔭 6−3 和歌山西
伊都 5−2 海南

近大新宮 9−1 星林
高野山 3−1 紀北工


7月17日
1回戦
日高高中津分校 10−5 日高
紀央館 2−1 串本

2回戦
向陽 6−5 紀北農芸
初芝橋本 9−1 慶風


7月16日
1回戦
和歌山高専 5−3 国際開洋二
粉河 11−1 那賀
南部 12−0 新翔
神島 7−1 橋本


7月15日
1回戦
貴志川 3−0 和歌山
橋本 3−3 神島
(延長15回引き分け再試合)
posted by 高校野球 at 13:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

和歌山大会

2006年モデル ローリングス 一般硬式グラブ [ディアーハンド] (内野手用) / RAWLINGS


7月29日
決勝
智弁和歌山000032100=6       
田  辺 001000000=1
(智弁和歌山は2年連続14回目)


7月28日
準決勝
智弁和歌山 10−1 粉河 
田辺 11−1 日高高中津分校


7月26日
準々決勝
日高高中津分校 5−0 那賀
粉河 6−3 海南


7月25日
準々決勝
智弁和歌山 9−2 田辺工
田辺 4−1 貴志川

7月24日
3回戦
日高高中津分校 5−1 耐久
粉河 11−9 市和歌山商
海南 1−0 県和歌山商


7月23日   
3回戦
田辺 4−2 和歌山
貴志川 5−3 向陽
那賀 7−5 高野山


7月22日
2回戦          
県和歌山商 12−2 串本

3回戦          
智弁和歌山 6−1 伊都
田辺工 8−0 星林


7月21日
2回戦          
日高高中津分校 11−4 大成
粉河 8−5 南部


7月18日
2回戦
田辺 7−5 日高
貴志川 3−2 和歌山高専
那賀 9−5 紀北農芸


7月17日
2回戦
市和歌山商 1−0 和歌山西 
海南 8−5 初芝橋本 
伊都 4−2 近大新宮 
星林 6−4 桐蔭


7月16日
2回戦
和歌山 7−1 南部高竜神分校
向陽 3−1 熊野
高野山 9−0 新宮商
耐久 8−2 和歌山工


7月15日
1回戦
南部 3−2 箕島
串本 10−6 紀央館

2回戦
智弁和歌山 7−4 有田中央 
田辺工 6−3 国際開洋二


7月14日
1回戦
和歌山高専 2−1 橋本
那賀 12−0 慶風
大成 1−0 新宮


7月13日
1回戦
近大新宮  8−1 神島
桐蔭 6−3 紀北工
田辺 8−5 笠田
posted by 高校野球 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

甲子園のツタ回復

甲子園のツタ、女子Mが与えた栄養剤で回復

和歌山県橋本市の県立橋本高校でこのほど、いたずらされ枯死寸前だった甲子園球場(兵庫県西宮市)のツタが回復。同校野球部の選手が「勇気をもらった」と練習に精を出している。

2000年に日本高野連などが甲子園球場の外壁などを覆っていたツタと土を加盟各校に贈呈。同校は15センチほどだったツタをグラウンドのベンチ横に植え、4年後に約5メートルまで成長した。

しかし昨年3月、何者かに根元から約30センチのところで引きちぎられた。幸いに根が無事だったため、野球部の女子マネジャーらが栄養剤を与えるなど手当て。現在は青々とした葉をつけるまでに回復したという。

野球部の広畑良次監督は「ツタにあやかり、甲子園で活躍できる力をつけたい」と話した。
(ZAKZAK 2006/07/07)

posted by 高校野球 at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 和歌山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。