背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2008年02月17日

「自己管理日誌」 東北高校

縦じまの誇り:08センバツ・東北 第1部/1 2年全員が「自己管理日誌」

 春の甲子園に東北が4年ぶりに出場する。前回出場の04年大会は創部100年の節目だった。「星野ジャパンのエース」となったダルビッシュ有投手(21)がノーヒット・ノーランを達成した1回戦。最終回に逆転サヨナラ本塁打を打たれ敗れた準々決勝。今なお高校野球ファンの脳裏に焼きついている。あの日、テレビに映る縦じまのユニホームを夢中で追った野球少年たちが、誇り高き東北に結集し、先輩たちに続き、甲子園に新たな軌跡を刻もうとしている。【比嘉洋】

 ◇モヤモヤ消えた返事

 エベレストが目の前にある−−。07年春、東北野球部寮「勿忘(わすれな)荘」の寮監、武内充さん(58)は、センバツ出場を逃し、夏の甲子園を目指す選手たちに告げた。「エベレスト」は仙台育英のエースで昨秋、プロ野球・ヤクルトに高校生ドラフト1巡目指名で入団した佐藤由規投手(18)のことだ。

 甲子園への道のりは「育英の佐藤を打つ」ことから始まった。頂点は県内にいる。打てれば日本一になれるはず。

    ◇

 昨年4月、選手たちは武内さんらから1本のビデオテープを渡された。07年センバツで仙台育英が常葉菊川(静岡)と対戦した試合の録画だった。「擦り切れるまで見ろ」

 練習後、寮の多目的室で毎晩のように見続けた。6月には本当に擦り切れて見られなくなった。植田一気中堅手(2年)は「いつ150キロの球を投げるか、今も全部の場面を覚えている」と話す。

 7月27日、県大会準決勝で仙台育英と当たった。試合前には、ピッチングマシンの投球速度を170キロまで上げて目を慣らした。結果は2−3の敗退。だが、東北は9安打を放った。植田中堅手は5打数3安打だった。

 夏の経験は秋に実を結ぶ。9月24日、秋の県大会2回戦。名取市の愛島球場で仙台育英と再び対戦し、8−0でコールド勝ちし、雪辱を果たした。関口聖也主将(同)は「あれでチームに火がついた」と興奮に包まれた当時を振り返る。同大会で優勝し岩手県で開催された東北大会へ。

 打線は打ち続けた。全4試合で計25得点、チーム打率3割7分。他県勢を圧倒して優勝、センバツ出場をほぼ確実にした。植田中堅手は「由規さんに比べればどんな投手も怖くなかった」。夏に佐藤投手に4打数無安打に抑えられた4番・宮下英彦三塁手(同)は、1日1000スイングで自信を取り戻し、東北大会通算18打数8安打の活躍を見せた。

    ◇

 甲子園で勝ち抜くためには、レギュラーを目指す選手も含むチーム力の底上げが不可欠だ。昨年4月から、五十嵐征彦監督(31)はチームをまとめるため、毎朝、2年生全員に「自己管理日誌」を提出させている。

 日誌には、選手が練習課題や反省点を書き、五十嵐監督が赤ペンで返事を書き添える。センバツ出場決定から一夜明けた先月26日、五十嵐監督は選手に「愚痴でも何でも本音を書くように」と伝えた。夏の甲子園で優勝した佐賀北の百崎敏克監督の方針を取り入れた。悩みや迷いなどの本音が見えにくくなっていたからだ。

 東北大会初戦出場以降、打撃不振で先発を外れていた細川雄太二塁手(同)は、同じポジションの先発候補に三塁手だった1年生の伊藤航選手が選ばれたことにショックを受けていた。ライバルは加藤剛選手(同)だけと思っていた。同29日、さっそく日誌に書いた。「何で(伊藤選手が)セカンドに来たのか意味が分からない。正直納得いかない」

 返事は「航がどうではなく、まだ誰もポジションは約束されていない。足をもっと生かして奪い取れば良いこと」。その一言で胸中のモヤモヤが消えた。練習を張り切ってやるしかないな−−。

 ストーブがたかれた室内練習場には今日も元気な声が響く。佐藤投手と対決した夏、うれし涙を流した秋を越え、雪がちらつく泉キャンパスで選手たちは春の甲子園に向かって日々成長している。=つづく

http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/high/miyagi/news/20080216ddlk04050173000c.html
毎日新聞 2008年2月16日

posted by 高校野球 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮 城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。