背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2007年09月19日

保原 古豪復活をアピール

保原8強…秋季高校野球福島地区大会

 ◆秋季東北地区高校野球福島大会 ▽3回戦 保原2―1湯本(17日・南相馬) 福島で8強、山形で4強が出そろった。福島では保原が湯本との接戦を制し、秋の県大会では同校初となる2勝目。42年前(1965年)の夏の甲子園に出場している古豪が、復活をアピールする快進撃だ。山形では鶴岡東が東海大山形を逆転で破り、2年連続の東北大会出場へ大きく前進。青森、秋田、岩手の3大会は雨のため、18日に順延となった。

 オールドファンには懐かしい“超古豪”が、復活の快進撃だ。夏8強の湯本を相手に、1点差を守り切っての白星。抱き合って喜ぶナインに、長沢敏浩監督(35)は「技術うんぬんでなく、気持ちが前面に出た試合だった」と目を細めた。12年ぶりに出場した秋の県大会。初戦(対福島)で32年ぶりの勝利をあげ、今度は同校初の2勝目。42年前の65年に、たった一度だけ甲子園の土を踏んだ公立校が、長い低迷のトンネルを抜け出した。

 勝利の立役者はエースの加藤真樹(2年)。174センチの技巧派左腕は前日、湯本の試合(対東日大昌平)をスタンドで観戦した。豪快なスイングに「中途半端な球を投げたら持っていかれる。遅いか速いかのどっちかにしよう」と、徹底して緩急で揺さぶることを決心。「今まで以上に遅くした」という超スローカーブと、キレのある直球をコーナーに散らし、5安打1失点に抑え込んだ。

 夏の大会は1回戦で会津に1―7で敗退。それからは「精神的に弱いから相手の気迫にのみ込まれる」と1日10キロの長距離走、50メートル・30メートルダッシュ各30本の過酷な走り込みを自らに課した。苦しくて吐くこともあったが、「まわりに苦しい顔を見せないようにした」というエース。心身ともにたくましくなって秋を迎えている。

 42年前の甲子園は、ナインにとって“おとぎ話”の世界だ。「(当時の)写真も見たことがない」という加藤だが、「強い保原を復活させたいという気持ちは、みんなが持っています」とキッパリ。8強入りにも「まだまだこれくらいじゃ復活とはいえないです」と、さらなる上位進出を誓った。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20070918-OHT1T00128.htm
(2007年9月18日10時36分 スポーツ報知)
posted by 高校野球 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 福 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/57183003

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。