背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2008年03月12日

【08選抜】 常葉菊川高校

復活2けた固め打ち 選抜連覇へ調整順調

22日に開幕する第80回選抜高校野球大会で連覇を目指す常葉菊川は10日、菊川球場で日大藤沢(神奈川)と練習試合を行った。常葉菊川は初回に酒井の適時2塁打で1点を先制すると、2回には中川、4回には戸狩と町田の適時打で2点ずつを奪うなど打線がつながった。投げてはエース左腕戸狩、1年生右腕萩原、右腕野島と3投手のリレーで5―1と逃げ切った。

 ○…自慢の強力打線がようやく本来の姿を取り戻し始めた。これまでの練習試合4試合で合わせて18安打9得点と沈黙していた常葉菊川打線はこの日、練習試合で初の2けた安打となる10安打をマークし、5試合中最多の5点を奪った。

 序盤から打線がつながった。初回、中川の四球と前田主将の内野安打などで好機をつくると、4番酒井の左中間を破る2塁打で幸先よく先制。続く2回にも中川の左越え2塁打で2点を加えた。「初回から点を取れたのはよかった。だんだん良くなってきている」。酒井は今季の練習試合で初となる初回からの得点に、復調への手応えを口にした。

 だが、日大藤沢が繰り出した継投策に、5回以降は2安打無得点とバットが湿った。「まだストライクの見逃しが多い。もっと初球から打っていきたい」と酒井。森下監督は「まだ打席に入って体が自然に反応していない。投手と守備は合格なので、あとは打撃のみ」と打線の完全復活を心待ちにした。

http://www.shizushin.com/kouya/2008/haru/news1/20080311074511.htm
(静岡新聞)
posted by 高校野球 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 静 岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佑ちゃん「高校野球の思い出」寄稿

佑ちゃん、あの夏をつづる…早実初Vを都高野連機関誌に寄稿

佑ちゃんが、あの夏の“秘話”をつづる!? 東京都高野連が6月に発行する機関誌に、早大・斎藤佑樹投手(19)=1年=が寄稿することが6日、明らかになった。早実時代の06年夏の甲子園で初優勝を飾ったときの思い出など、高校野球生活を振り返る内容で、7月5日開幕予定の全国高校選手権東西東京大会の試合会場でも、1部2000円で販売される。



 斎藤が寄稿するのは、東京都高野連が5年に1度発行している「白球譜−東京都高校野球のあゆみ−」という機関誌=写真下。連盟創立40周年記念で1988年6月に第1集を発刊し、今回が第5集となる。

 「この5年間における東京の高校野球のハイライトは、やはり早実の全国制覇。原稿をお願いしたところ、快諾してもらいました」とは編集責任者の山本憲明理事。早実・和泉実監督(46)とともに、佑ちゃんに白羽の矢を立てた。

 「高校野球の思い出」というテーマで400字詰め原稿用紙3枚程度。公の刊行書に斎藤の文章が掲載されるのは初めてという。練習の合間に執筆していた斎藤から手書きの原稿が6日までに届き、本格的な編集作業に入る。

 第1集では当時巨人監督だった王貞治・現ソフトバンク監督(67)や、80年夏の甲子園で準優勝しブームを巻き起こした荒木大輔・現ヤクルト投手コーチ(43)ら、早実の大先輩も寄稿している。

 大学2年目を迎える斎藤は現在、沖縄・浦添でキャンプ中。「高校の3年間で成長できた」と以前から話しており、昨年も早大の春秋リーグや大学選手権優勝に貢献した“日本一投手”から、高校球児へ向けた熱いメッセージにもなりそうだ。

http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200803/bt2008030710.html
(サンスポ)
posted by 高校野球 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 佑ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。