背番号Tシャツ 全国制覇Tシャツ にほんブログ村 野球ブログ 高校野球へ
野球ブログランキング 野球ブログ 高校野球
にほんブログ村 トラコミュ 秋季高校野球へ秋季高校野球 東京六大学野球

2008年03月17日

センバツ組練習試合 聖光学院

3月15日(土)
(瀬戸内グラウンド)

練習試合(第1試合)
瀬戸内(広島)
000100000=1
231401000=11
聖光学院


練習試合(第2試合)
国泰寺(広島)
000200200=4
00011060X=8
聖光学院



聖光、練習試合に連勝 選抜初戦に弾み

第80回記念選抜高校野球大会(22日開幕・甲子園)に出場する聖光学院は15日、広島市の瀬戸内高グラウンドで広島県の瀬戸内、広島国泰寺と練習試合を行い、2試合とも勝利、沖縄尚学との対戦に向け弾みをつけた。
 1試合目は、春夏通算3回の甲子園出場の経験を持つ瀬戸内と対戦。4番の黒羽剛広が、2本のホームランを放つなど3安打5打点と活躍した。試合は菅野修平らの機動力を絡めたそつのない攻撃で11―1の大勝。先発したエース仲田浩人は3回を被安打1、無失点。4回から登板した佐藤竜哉は立ち上がりの制球に苦しみながらも、その後は立ち直り3回1失点でマウンドを下りた。
 2試合目の広島国泰寺戦は、控え選手を中心としたメンバーで臨み、8―4で勝利した。
 聖光学院ナインは16日、広島市の広陵高グラウンドで、昨夏の甲子園準優勝校、広陵(広島県)と熊本工(熊本県)と練習試合を行う。

http://www.minyu-net.com/sport/hs_baseball/senbatu/080316/news1.html
(2008年3月16日 福島民友・高校野球ニュース)
posted by 高校野球 at 09:12| Comment(36) | TrackBack(4) | 福 島 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月16日

【08選抜】 慶応高校

昭和の格闘家・力道山の孫にあたる田村圭投手(慶応3年)は、5日目の第2試合に登場する。

問い合わせ殺到
照準が定まり、田村の表情が一層引き締まった。初戦の相手は21世紀枠で出場する華陵に決まった。「どこが相手でも倒すだけ。甲子園に出てくるチームはみんな強いですから」。抽選会の結果はこの日の朝、携帯サイトで知った。昭和の格闘家、力道山の血をひく闘魂エースは、自分の投球に集中することを誓った。

JTBに専用「ツアー」デスク新設
応援準備は整っている。甲子園を“闘魂応援団”で埋める計画が進んでいる。旅行代理店JTBと組み、同社内に「甲子園応援デスク」を新設。この日からツアー受け付けを開始すると、早速問い合わせが殺到した。45年ぶりだった前回出場時も多数の応援が集まったが、慶応義塾の創立150周年の今季、さらなる人員でアルプススタンドを慶応カラーに染める。田村は「たくさんの人に見てもらった方が面白い」と大歓迎だ。

(日刊スポーツ 3月15日)

応援ツアーは、⇒JTB

エンジョイ・ベースボール―慶應義塾高校野球部の挑戦 (生活人新書)
posted by 高校野球 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 神奈川 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【08選抜】 初戦の見どころ

第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)は14日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれた組み合わせ抽選会で対戦カードが決まった。記念大会で出場校は例年より4校多い36校。このため1回戦は4試合となり、残るチームは2回戦から登場する。

 強豪が適度に散らばった印象は強いが、連覇を狙う優勝候補の常葉菊川(静岡)は昨秋の九州大会覇者、明豊(大分)と第3日の第1試合で当たり、四国大会優勝の明徳義塾(高知)は東京大会優勝の関東一と第2日の第1試合で対戦。常葉菊川と並ぶ優勝候補の横浜(神奈川)は1回戦不戦勝で、東北(宮城)−北大津(滋賀)の勝者と第6日の第2試合で顔を合わせる。

 21世紀枠3校のうち、成章(愛知)は開会式直後の第1試合で駒大岩見沢(北海道)、安房(千葉)も第1日の第3試合で城北(熊本)に挑む。華陵(山口)は第5日の第2試合で関東大会準優勝の慶応(神奈川)と当たる。

 大会は22日から13日間、第1期改修工事が終了した阪神甲子園球場で開かれ、これに先立つ甲子園練習は17日から3日間の日程で予定されている。【滝口隆司】


◆初戦の見どころ

 ◇Aゾーン

 甲子園初勝利を目指す履正社の初戦の相手は、中国大会覇者の下関商。投手を中心とした守備を身上とする古豪を相手に、冬場にパワーアップしたという攻撃力を発揮できるか。聖望学園の右本格派投手・大塚は、粘りに定評のある小松島との対戦となった。

 水戸商−鹿児島工は好投手対決。2回目出場の21世紀枠・成章は、開幕試合で「ヒグマ打線」の駒大岩見沢の胸を借りる。その勝者が近畿大会準優勝の実績を持つ古豪・平安に挑む。

 ◇Bゾーン

 連覇を狙う常葉菊川など、昨秋の地区大会を制した5チームが集まる最激戦ゾーン。常葉菊川は九州大会の覇者・明豊と対戦する。焦点はエースの戸狩が、パンチ力のある明豊打線をどう抑えるか。一方、奔放なスタイルで前回大会を制した常葉菊川の攻撃力も見どころになる。

 関東大会優勝の横浜は、東北大会を制した東北と北大津の対戦結果を待つ。ともに守備が安定している長野日大−今治西も、引き締まった一戦になりそうだ。

 ◇Cゾーン

 注目右腕・佐藤を擁し近畿大会を制した東洋大姫路には、希望枠から2度目の選出の一関学院が挑戦する。丸子実から改称して初の甲子園となる丸子修学館は、主砲・坂口をはじめ強打を誇る智弁和歌山に、継投策で食い下がれるか。

 初出場の八頭は、関東大会初戦敗退ながら総合力の高さで選出された宇都宮南と対戦。東海ナンバーワン右腕・平生がけん引する宇治山田商は、21世紀枠の安房と、守備力のある城北の勝者を待ち受ける。

 ◇Dゾーン

 左腕・南野を中心に守備力が高い明徳義塾。36校中トップのチーム打率4割9厘を誇る関東一。チームカラーが対照的な両校の顔合わせは、展開予想が難しい。

 3季連続甲子園の聖光学院と対戦する速球派右腕・東浜を擁する沖縄尚学は、99年春の優勝を経験した比嘉監督の初采配(さいはい)も注目だ。右の只野、左の田村と2枚看板の慶応と、21世紀枠で初出場の華陵の対決も興味深い。10年ぶりの敦賀気比は、常連の天理とぶつかる。

http://mainichi.jp/senbatsu/news/20080315ddn035050043000c.html
(毎日新聞 2008年3月15日 大阪朝刊)
posted by 高校野球 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月15日

【08選抜】 明徳義塾

21年前と同じ顔合わせ

 4年ぶりの選抜大会となる明徳義塾は、昨秋の東京大会を制した関東一と1回戦でぶつかる。馬淵監督は「優勝されてるから力あるでしょ」と話しつつ、どこか余裕のある表情。主将の中山は「どことやっても自分たちが劣っている。全力でやるだけ」と謙虚だった。

 両校は1987年春の1回戦で対戦し、関東一が3―1で勝利を収めた。関東一の米沢監督は「21年ぶり(出場)で、その時と同じ対戦相手で運命を感じる。胸を借りてぶつかっていければ」と挑戦者の姿勢だった。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20080314026.html
(スポニチ)
posted by 高校野球 at 14:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 高 知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

第80回選抜組み合わせ

1回戦
3/22(土)
第1試合 10:20
駒大岩見沢(北海道)- 成章(愛知)
第2試合 12:50
東北(宮城)- 北大津(滋賀)
第3試合 15:20
安房(千葉)- 城北(熊本)


3/23(日)
第1試合 08:30
明徳義塾(高知)- 関東一(東京)

2回戦
第2試合 11:00
下関商(山口)- 履正社(大阪)
第3試合 13:30
小松島(徳島)- 聖望学園(埼玉)
第4試合 16:00
鹿児島工(鹿児島)- 水戸商(茨城)


3/24(月)
第1試合 09:00
常葉学園菊川(静岡)- 明豊(大分)
第2試合 11:30
千葉経大付(千葉)- 興譲館(岡山)
第3試合 14:00
長野日大(長野)- 今治西(愛媛)


3/25(火)
第1試合 09:00
東洋大姫路(兵庫)- 一関学院(岩手)
第2試合 11:30
八頭(鳥取)- 宇都宮南(栃木)
第3試合 14:00
丸子修学館(長野)- 智弁和歌山(和歌山)


3/26(水)
第1試合 09:00
敦賀気比(福井)- 天理(奈良)
第2試合 11:30
慶応(神奈川)- 華陵(山口)
第3試合 14:00
聖光学院(福島)- 沖縄尚学(沖縄)


3/27(木)
第1試合 09:00
平安(京都)-(駒大岩見沢- 成章)
第2試合 11:30
横浜(神奈川)-(東北- 北大津)
第3試合 14:00
宇治山田商(三重)-(安房- 城北)


3/28(金)
第1試合 09:00
中京大中京(愛知)-(明徳義塾- 関東一)
posted by 高校野球 at 11:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【08選抜】組み合わせ抽選

センバツ:14日午前9時から、組み合わせ抽選会
 第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会は、14日午前9時から出場36校の野球部長、監督、主将が出席し、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールで開かれる。

 抽選は例年同様、同一地区の出場校は少なくとも準々決勝まで、同一都道府県の出場校は決勝まで対戦しないように36校をブロック、ゾーン分けした後、各校の主将がくじを引く。記念大会で出場校が例年より4校多いため、1回戦は4試合、残るチームは2回戦からの登場となる。

 抽選は出場校が多い関東・東京(8校)から始まり、続いて近畿(6校)、東海、中国、九州(各4校)、東北、北信越、四国(各3校)、北海道(1校)の順で行われる。組み合わせ決定後、主将全員がくじを引いて開会式での選手宣誓者を決め、午前9時半すぎには終了する見通し。大会は22日、阪神甲子園球場で開幕する。【滝口隆司】

http://mainichi.jp/senbatsu/news/20080314k0000m050067000c.html
(毎日新聞 2008年3月13日)

その他の高校野球⇒トラコミュ 高校野球

その他のニュース⇒トラコミュ 野球全般

posted by 高校野球 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

斎藤佑樹 背番号「1」

佑ちゃんが「1番」!高校と同じ背番号、大学でも頂点狙う

佑ちゃんが、ワセダの新しい伝統を作る。早大のエース・斎藤佑樹投手(新2年)が、昨年までの背番号「16」を変更し、今春から背番号「1」をつけることが11日、分かった。応武篤良監督(49)が明らかにしたもので、今季初のオープン戦、15日の台湾・文化大戦(台北)で先発し、新背番号を初披露する。

 まさかの変更だった。「ピッチャーはだいたい10番台なので、ビックリしました」と斎藤が言うように、早大では投手陣は10番台の背番号をつけるのが伝統。右は11、左は18がエースナンバーとなっている。それでも、「自分の番号を作りたいと思っていた。1が11と並んで、エースナンバーになるようにしたい」100年を超える早大野球部の歴史に、新しい1ページを刻み込むことを誓った。

 佑ちゃんの背番号1と言えば、06年夏の甲子園で優勝した早実時代の印象が強い。本人も「高校の時はずっと1でやってきた。ちょっと懐かしい感じがあって楽しみ。また新しく、大学生の背番号1としてやっていきたい」と胸を躍らせた。

 15日の試合は、対戦相手が台湾学生選抜から台湾の大学王者・文化大に変更。日台大学チャンピオン対決の先発マウンドを任されることになった。「選抜チームより単独チームの方が強いケースはよくある。国を背負った戦いになりますね」背番号1の“デビュー戦”を前に、気を引き締め直していた。

 ◆早大の背番号1 歴代、内野手の中心選手が背負う習慣があり、横浜・仁志(4年時は主将のため10番)、最近では阪神・鳥谷が2年春から4年秋まで6シーズンつけていた。投手が背負うのは珍しく、05年に3年生の大谷智久(現・トヨタ自動車)が最後。ちなみに大谷は4年生では11番に変更となった。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/ama/news/20080312-OHT1T00041.htm
(スポーツ報知)
posted by 高校野球 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 佑ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュー甲子園公開

客席ゆったり ニュー甲子園、選抜で「お披露目」

昨年10月から続いていた阪神甲子園球場(兵庫県西宮市)の第1期リニューアル工事が終了し、12日朝、報道各社に公開された。同日午後には、阪神―巨人の練習試合を観客を入れずに実施した。

今回は内野エリアの改修が中心。観客席がグラウンドにせり出す形で広がったが、座席数はこれまでより約3500席少なくなった。ゆったり観戦できるように、観客席の前後の間隔などを広げたためだ。一般客が試合を観戦できるのは、22日開幕の第80回記念選抜高校野球大会からになる。

http://www.asahi.com/sports/bb/OSK200803120006.html
(朝日新聞)
posted by 高校野球 at 07:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月12日

【08選抜】 常葉菊川高校

復活2けた固め打ち 選抜連覇へ調整順調

22日に開幕する第80回選抜高校野球大会で連覇を目指す常葉菊川は10日、菊川球場で日大藤沢(神奈川)と練習試合を行った。常葉菊川は初回に酒井の適時2塁打で1点を先制すると、2回には中川、4回には戸狩と町田の適時打で2点ずつを奪うなど打線がつながった。投げてはエース左腕戸狩、1年生右腕萩原、右腕野島と3投手のリレーで5―1と逃げ切った。

 ○…自慢の強力打線がようやく本来の姿を取り戻し始めた。これまでの練習試合4試合で合わせて18安打9得点と沈黙していた常葉菊川打線はこの日、練習試合で初の2けた安打となる10安打をマークし、5試合中最多の5点を奪った。

 序盤から打線がつながった。初回、中川の四球と前田主将の内野安打などで好機をつくると、4番酒井の左中間を破る2塁打で幸先よく先制。続く2回にも中川の左越え2塁打で2点を加えた。「初回から点を取れたのはよかった。だんだん良くなってきている」。酒井は今季の練習試合で初となる初回からの得点に、復調への手応えを口にした。

 だが、日大藤沢が繰り出した継投策に、5回以降は2安打無得点とバットが湿った。「まだストライクの見逃しが多い。もっと初球から打っていきたい」と酒井。森下監督は「まだ打席に入って体が自然に反応していない。投手と守備は合格なので、あとは打撃のみ」と打線の完全復活を心待ちにした。

http://www.shizushin.com/kouya/2008/haru/news1/20080311074511.htm
(静岡新聞)
posted by 高校野球 at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 静 岡 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

佑ちゃん「高校野球の思い出」寄稿

佑ちゃん、あの夏をつづる…早実初Vを都高野連機関誌に寄稿

佑ちゃんが、あの夏の“秘話”をつづる!? 東京都高野連が6月に発行する機関誌に、早大・斎藤佑樹投手(19)=1年=が寄稿することが6日、明らかになった。早実時代の06年夏の甲子園で初優勝を飾ったときの思い出など、高校野球生活を振り返る内容で、7月5日開幕予定の全国高校選手権東西東京大会の試合会場でも、1部2000円で販売される。



 斎藤が寄稿するのは、東京都高野連が5年に1度発行している「白球譜−東京都高校野球のあゆみ−」という機関誌=写真下。連盟創立40周年記念で1988年6月に第1集を発刊し、今回が第5集となる。

 「この5年間における東京の高校野球のハイライトは、やはり早実の全国制覇。原稿をお願いしたところ、快諾してもらいました」とは編集責任者の山本憲明理事。早実・和泉実監督(46)とともに、佑ちゃんに白羽の矢を立てた。

 「高校野球の思い出」というテーマで400字詰め原稿用紙3枚程度。公の刊行書に斎藤の文章が掲載されるのは初めてという。練習の合間に執筆していた斎藤から手書きの原稿が6日までに届き、本格的な編集作業に入る。

 第1集では当時巨人監督だった王貞治・現ソフトバンク監督(67)や、80年夏の甲子園で準優勝しブームを巻き起こした荒木大輔・現ヤクルト投手コーチ(43)ら、早実の大先輩も寄稿している。

 大学2年目を迎える斎藤は現在、沖縄・浦添でキャンプ中。「高校の3年間で成長できた」と以前から話しており、昨年も早大の春秋リーグや大学選手権優勝に貢献した“日本一投手”から、高校球児へ向けた熱いメッセージにもなりそうだ。

http://www.sanspo.com/baseball/top/bt200803/bt2008030710.html
(サンスポ)
posted by 高校野球 at 11:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 佑ちゃん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月11日

【08選抜】軟式出身、硬式出身?

80thセンバツ:データでみる球児の中学時代/上 硬式、軟式で二極化

 22日に開幕する第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟)に向け、毎日新聞は出場36校の登録メンバーを対象に中学時代の出身チームを調査した。昨年は特待制度問題で高校と中学の関係がクローズアップされた。甲子園の土を踏む球児たちは中学時代、どんな環境でプレーし、現場ではどんな変化が起きているのかを探った。【滝口隆司】

 ベンチ入りメンバーは各校18人。中学時代に海外に留学していた履正社の1人を除く計647人の出身チームを調べたところ、硬式出身は338人、軟式出身(軟式のゴム素材で重さや大きさが硬式と同様のKボール出身を含む)は309人という結果が出た。

 硬式出身者はリトルシニア(151人)とボーイズリーグ(135人)の出身が2大勢力。次いでヤングリーグ31人、ジャパンリーグ10人、フレッシュリーグ6人、ポニーリーグ4人、その他(団体に所属しないチーム)1人となる。軟式出身者は約9割が中学の野球部の出身で、クラブチームに所属していた選手もいる。

 私立、公立で分けてみると、私立のメンバーの多くが硬式出身者。逆に公立は軟式出身者で大半が占められているという「二極化」の傾向が浮かび上がってくる。

 横浜18人、慶応17人、履正社16人、常葉菊川15人など、強豪私立にはやはり硬式出身者が多い。専門的に野球をやりたい中学生が硬式クラブに行き、甲子園を狙える強豪校に進学するという傾向は根強いようだ。しかし、水戸商、宇都宮南、丸子修学館、下関商、小松島、今治西など甲子園出場経験のある学校でも公立は軒並み軟式出身者が10人以上。21世紀枠の安房は18人、成章は17人、華陵は15人を数える。

 昨年の特待制度問題で有識者会議の委員を務め、日本代表を率いたこともある元慶大監督の後藤寿彦さんは「中学校はまず指導者養成が必要。外部指導者の制度を取り入れる自治体も増えている。現状ではシニアやボーイズが底辺を支えている面はある。しかし、早い時期から専門的にやりすぎると燃え尽きやケガの問題も出てくる。選手の成長を長い目で見て指導してほしい」と指摘する。伸び盛りの中学時代。多様な競技環境の中にも課題は少なくない。

==============

 ◇センバツ登録選手の軟式・硬式の出身内訳◇

チーム名      軟式  硬式

駒大岩見沢 私立   6  12

一関学院  私立  12   6

東北    私立   4  14

聖光学院  私立  10   8

水戸商   公立  17   1

宇都宮南  公立  16   2

聖望学園  私立   4  14

千葉経大付 私立   6  12

安房    公立  18   0

関東一   私立   5  13

慶応    私立   1  17

横浜    私立   0  18

常葉菊川  私立   3  15

成章    公立  17   1

中京大中京 私立   2  16

宇治山田商 公立   9   9

丸子修学館 公立  13   5

長野日大  私立   7  11

敦賀気比  私立   1  17

北大津   公立   6  12

平安    私立   4  14

履正社   私立   1  16

東洋大姫路 私立   9   9

天理    私立   5  13

智弁和歌山 私立   6  12

八頭    公立  15   3

興譲館   私立   8  10

華陵    公立  15   3

下関商   公立  14   4

小松島   公立  15   3

今治西   公立  13   5

明徳義塾  私立   7  11

城北    私立   6  12

明豊    私立   7  11

鹿児島工  公立  13   5

沖縄尚学  私立  14   4

 計       309 338

 ※履正社は中学時代に海外留学していた1選手を除く

http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/high/news/20080308ddm035050125000c.html
(毎日新聞 2008年3月8日 東京朝刊)

posted by 高校野球 at 10:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

【08選抜】 興譲館高校(岡山)

初陣1勝へ気合入れるぞ 興譲館、実戦モード

▽PLなどと練習試合、強豪相手に「課題学び取る」
 第八十回選抜高校野球大会(二十二日から十三日間)に初出場する興譲館が実戦モードに入る。対外試合が解禁となる八日以降、春の甲子園で優勝経験のあるPL学園(大阪)や鹿児島実(鹿児島)など七校と練習試合を予定。三宅裕主将(17)は「強豪と試合を重ね、チームをいい状態に持っていき本番を迎えたい」と気合を入れる。

 七日は井原市の井原運動公園野球場で約四時間の練習。八日に同野球場である米子北(鳥取)との2試合に備え、ノックでの守備連係の確認やフリー打撃に時間を割いた。小谷彰吾監督(47)は「大きな故障者がいない点では順調。ただ、打順やポジションなどこれから決めなければならないことが多い」と表情を引き締める。

 「実戦漬け」で初陣に挑む。八日に続いて九日は岡山工と高梁市のなりわ運動公園で対戦する。十三日から三日間は鹿児島遠征。十八日の甲子園練習を挟んで、十七、十九日は大阪で練習試合を組む。

 小谷監督は「うちは出場三十六校中、実力三十六番目。もっと練習試合をしたいくらい。選手たちは強い相手から課題など多くを学び取ってほしい」と期待。エースの酒井佑輔投手(17)は「試合勘を取り戻し、甲子園で百二十パーセントの力を発揮できるよう頑張る」。目標の「1勝」へ闘志をかき立てている。(佐藤正明)

http://www.chugoku-np.co.jp/Baseball/Kn08030801.html
(中国新聞)
posted by 高校野球 at 18:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 岡 山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センバツ組練習試合 一関学院

3月8日(土)
(湖西市営球場)

練習試合(第1試合)
興誠(静岡)
000131100=6
100000020=3
一関学院


練習試合(第2試合)
一関学院
3064182=24
0000300=3
興誠(静岡)
※日没7回
posted by 高校野球 at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩 手 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

センバツ組練習試合 東北高校

高校野球の練習試合が8日解禁。

3月8日(土)
練習試合(東北高グラウンド)
青森山田
002000010=3
00010710X=9
東北

(青)田中、染谷、中嶋、松井―矢野
(東)萩野、高橋信、東海林―関口、薗部

posted by 高校野球 at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮 城 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

明徳義塾野球部の再出発

(4)【甲子園知らず】 心の傷抱えた3年間

2007年7月29日、春野球場。夏の選手権県大会の閉会式で明徳義塾主将の馬淵烈(つよし)は手にした盾をじっと見つめた。「何回見てもやっぱり銀色でした」。馬淵史郎監督の長男、烈の学年は甲子園の土を踏むことなく終わった。

 馬淵監督が指揮を執り始めた1990年秋から05年夏の出場辞退騒動までの15年間で、明徳は大舞台に春夏合わせて18回立った。毎年1回以上のペースで、甲子園を知らない学年は二つ目だった。

 06年8月の馬淵監督復帰直後の新チーム主将は烈が務めた。直後の新人戦を制し、センバツへの第一関門である四国秋季大会県予選も決勝まで勝ち上がったのだが…。

 高知との決勝は惨めなものだった。五回までに10点差をつけられた。現チームのエース南野悠介も含む3投手が打ち込まれた。終盤追い上げたものの、7―11。県2位で臨んだ四国大会も、そう。連打を浴びたマウンドの南野の下に主将や捕手の伊藤光が駆け寄ったが、川之江(愛媛)に3―8。甲子園どころか、3位校に敗れた。

 勝てない明徳―。理由の一番は投手力の弱さだろう。捕手の伊藤もブルペンに入った。06年秋は内野手登録だった烈が夏は背番号1。チームの骨格は、なかなか決まらない。だが、“惨敗”の理由はそれだけではなかった。「8・4」が影を落としていた。

 冒頭の07年夏の選手権。烈の学年にとって最後の大会だった。集大成の場だが、決勝で高知に敗れた後、ベンチで1人がチームメートをなじった。高校最後の試合が終わった時、3年間ため込んできた“負”がはじけたのだろうか。

 この学年から「対外試合禁止処分」の原因になった当事者を出した。大切な夢を不祥事という野球以外のもので結果的に破ってしまったことに、ナインの心は傷ついていた。弱った心は回復しきっていなかった。

 「どの選手も力は出し尽くした、と思います。悔いの残らないように練習してきたのだから…」。主将の烈は多くを語らず春野球場を後にしたが、結局、チームは心が一つにまとまっていなかった。

 オリックス入りが決まった後、伊藤に一度も甲子園に行けなかったことを尋ねた。少し考えて答えた。「『どんなに努力しても報われることがないこともあるんだ』。それを知りました」と。

 復帰1年目を終えた馬淵監督は言った。「そう簡単に投手はつくれんで。チームもそう。時間はかかる」。あの夏から2年。明徳にはもう少し時間が必要だった。

http://203.139.202.230/08yakyu/080307meitoku01.htm
(高知新聞)


全シリーズ、「904日の奇跡」は、こちら
http://203.139.202.230/08yakyu/08meitokufr.htm
posted by 高校野球 at 09:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 高 知 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【08選抜】 始球式の小中学生決まる

第80回センバツ高校野球:新生の甲子園で松下君ら始球式 /大阪
 リニューアル第1期工事を終えた阪神甲子園球場で22日に開幕する第80回記念選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)で、大会第2日以降の連日、第1試合の始球式を行う小中学生が5日、決まった。

 23日から順に、兵庫県伊丹市立池尻小5年、氏家勇貴君▽京都府長岡京市立長岡第四小5年、南樹生(いつき)さん▽大阪市立東都島小1年、松下幸也君▽和歌山県橋本市立隅田中3年、松本友梨香さん▽奈良県川西町立結崎小5年、西井諒君▽兵庫県多可町立八千代中3年、宮永莉香さん▽京都府京丹後市立高龍中2年、平野正悟君▽大阪市立長吉東小2年、多賀仁美さん▽滋賀県守山市立守山小4年、磯部和久君▽和歌山県田辺市立三栖小6年、川田雄矢君▽奈良県桜井市立桜井西小6年、和泉佳穂さん▽滋賀県長浜市立長浜小5年、中村大喜(ひろき)君=学年は3月現在。

 小中学生による始球式は毎日新聞が第71回から紙面で呼びかけて行っている。今回はセンバツが新たな甲子園のお披露目となることを記念して「阪神甲子園球場への思い」をテーマに作文を募り、近畿の小中学生99人が応募。抽選で12人が始球式の投手に選ばれた。

http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/high/osaka/news/20080306ddlk27050547000c.html
(毎日新聞 2008年3月6日)
posted by 高校野球 at 08:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月07日

【08選抜】 甲子園練習日程

センバツ甲子園練習は17日から

 第80回選抜高校野球大会(22日開幕・甲子園)の大会事務局は5日、甲子園練習の日程を発表した。17日から3日間で割り当て時間は各校30分間。

 練習日程と順番は次の通り。

 ▽17日(午後1時から)智弁和歌山(和歌山)中京大中京(愛知)東北(宮城)小松島(徳島)

 ▽18日(午前8時30分から)東洋大姫路(兵庫)水戸商(茨城)敦賀気比(福井)北大津(滋賀)今治西(愛媛)成章(愛知)天理(奈良)興譲館(岡山)宇治山田商(三重)八頭(鳥取)常葉学園菊川(静岡)丸子修学館(長野)明豊(大分)横浜(神奈川)平安(京都)城北(熊本)

 ▽19日(午前8時30分から)一関学院(岩手)慶応(神奈川)沖縄尚学(沖縄)華陵(山口)関東一(東京)明徳義塾(高知)聖望学園(埼玉)鹿児島工(鹿児島)履正社(大阪)聖光学院(福島)千葉経大付(千葉)宇都宮南(栃木)長野日大(長野)下関商(山口)安房(千葉)駒大岩見沢(北海道)

http://www.sponichi.co.jp/baseball/flash/KFullFlash20080305033.html
(スポニチ)
posted by 高校野球 at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月06日

【08選抜】 入場行進のプラカード 各校生徒代表が担当

抽選方法など決定…選抜高校野球大会の運営委

 第80回選抜高校野球大会(22日から13日間・甲子園)の運営委員会が5日、大阪市内で開かれ、14日の組み合わせ抽選会の方法などが決まった。

 例年より出場校が4校多いため、1回戦は4試合のみ。午前9時開始の抽選会では、同一地区は準々決勝まで、同一都道府県から2校出場の場合は決勝まで対戦しないように振り分けられる。開会式の選手宣誓は36校の主将全員による抽選で決まる。

 昨年までボーイスカウトが持っていた入場行進のプラカードは、今大会から各校の生徒代表が担当。華陵(山口)は女子野球部員の高松香奈子さんが務める。

 開閉会式の司会は、中西悠歌さん(愛知・光ケ丘女高=開会式のみ)と城殿恵さん(神奈川・神奈川総合高)、開会式の君が代斉唱は入沢希誉さん(東京・東京芸術高)と武記好さん(鹿児島・錦江湾高)に決まった。

http://hochi.yomiuri.co.jp/baseball/hs/news/20080305-OHT1T00194.htm
(スポーツ報知)
posted by 高校野球 at 10:38| Comment(0) | TrackBack(1) | 全国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

高校野球世論調査

高校野球:テーマに世論調査 「フェアプレー精神広めて」61% 幅広い層で関心高く

 高校野球をテーマに毎日新聞が実施した全国世論調査で「フェアプレーの精神を広めてほしい」と望む人が全体の61%、「勝利至上主義を一掃してほしい」が13%にのぼった。約7割が勝ち負けにこだわらず正々堂々とプレーすることを重視している。この傾向は、年代や性別を超えて共通しており、高校野球が国民的スポーツとして広く受け入れられている現状が浮き彫りになった。

 日本高校野球連盟に最も望むことを聞いたところ「選手の健康管理にもっと力を注いでほしい」が28%でトップだったが、「商業主義とは一線を画してほしい」が27%、「レベルアップのためプロとの交流を進めてほしい」が22%と意見が分かれた。特待生問題について「禁止してほしい」は14%にとどまった。高校野球報道については「騒ぎすぎなので、全体に抑制してほしい」が34%で最も多く、「スター選手に焦点を当ててほしい」はわずか5%だった。【平本泰章】

==============

 ◇世論調査の質問と回答(数字は%、小数点以下を四捨五入。無回答は省略)

                        全体 男性 女性

 ◆あなたが高校野球に最も望むことは何ですか。    

・フェアプレーの精神を広めてほしい       61 57 65

・勝利至上主義を一掃してほしい         13 15 11

・甲子園の参加校数を絞ってほしい         2  4  1

・甲子園の参加校数を増やしてほしい       15 16 13

 ◆日本高校野球連盟に最も望むことは何ですか。

・商業主義とは一線を画してほしい        27 26 29

・野球留学の特待生を禁止してほしい       14 17 11

・レベルアップのためプロとの交流を進めてほしい 22 25 20

・選手の健康管理にもっと力を注いでほしい    28 25 30

 ◆高校野球の報道に最も望むことは何ですか。

・スター選手に焦点を当ててほしい         5  5  5

・敗者をもっと取り上げてほしい         25 21 29

・高校野球の問題点をもっと取り上げてほしい   26 29 23

・騒ぎ過ぎなので、全体に抑制してほしい     34 37 32

……………………………………………………

 ◇調査方法

 1、2日の2日間、コンピューターで無作為に選んだ電話番号を使うRDS法で調査、全国の有権者1043人から回答を得た。

http://mainichi.jp/enta/sports/baseball/high/news/20080305ddm035050118000c.html
(毎日新聞 2008年3月5日 東京朝刊)
posted by 高校野球 at 09:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。